Categories: 暗号資産

TRONのTRC10とTRC20トークンは何ですか?

TRC10とTRC20トークンとは何ですか?

TronTRX)は、分散アプリケーション(Dapps)用のブロックチェーンプラットフォームです。

イーサリアムのような他のブロックチェーンプラットフォームと同様に、Tronはユーザーがブロックチェーン上でトークンを作成または発行できます。

これらのトークンは、Dappの通貨として、またはトークン発行者が思いつくあらゆる目的に使用することができます。

ただし、イーサリアムトークンの一般的なタイプであるERC20の代わりに、TronではTRC10TRC20トークンと呼ばれるものがあります。

TRC10トークン

TRC10トークンは、Tronがイーサリアムから独自のブロックチェーンに移行したとき(Tronのメインネット立ち上げ以来)からずっと利用可能です。

TronベースのトークンのほとんどはTRC10トークンです。なぜなら、作成が非常に簡単だからです。

TRC10トークンの発行が容易なため、TRC10は、開発に多額の費用を費やす必要がありません。

例としては、TRC10は、BitTorrent Token(BTT)などの注目度の高いプロジェクトで使用されています。

TRC20トークン

TRC20トークンは、スマートコントラクトで使用されるため、Tronベースのトークンにより多くの機能を提供します。

たとえば、トロンベースのプロジェクトでは、早期購入ボーナスをトークンのスマートコントラクトにプログラミングすることで、TRC20トークンの多くを早期購入者に自動的に発行すると言ったようなことができます。

ただし、この追加機能とカスタマイズの拡張性がある代わりに複雑さが増します。

そのため、今のところはTRC10トークンの方が普及しています。

また、TRC20トークンは、イーサリアムのERC20トークンと完全に互換性があります。

つまり、TRC20トークンはイーサリアムベースのスマートコントラクトで使用でき、開発者はイーサリアムベースのスマートコントラクトを必要に応じてTronに転送したりできます。

TRC10対TRC20

簡単なトークン作成(TRC10)とネイティブスマートコントラクト機能(TRC20)のほかに、2種類のトークンにはいくつかの重要な重要な違いがあります。

・TRC10はAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を介してアクセス可能です

・TRC10の取引手数料はTRC20の1/1000ですが、API転送と入金の帯域幅コストがあります 。

・TRC10は、スマートコントラクトへの転送と入金にBandwidth(帯域幅)とEnergy(エネルギー)を使います 。

注記:ユーザーは帯域幅を使用してTronトランザクションを実行でき、エネルギーを使用するとTronスマートコントラクトを処理できます。

これらのタスクを実行するためにGasEthereumのネットワークでいう手数料としてかかってくるETHのこと)を支払う代わりに、ユーザーはウォレット内のTRXトークンを凍結またはロックし、帯域幅とエネルギーを生成します。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら