Categories: 暗号資産

Trust Walletでトークンを送信する時に必要なETHガス料金って何?

まず最初に

Trust Walletではサポートされている場所であればどこにでも送金できます。

原則として、Trust Wallet自体は送付料金を請求しませんが、取引を行う前に、少額の手数料が必要になります。

これは、トークンが存在するブロックチェーンまたはネットワークによって決められているルールだからです。

Ethereumネットワークでは、トランザクションが認証されるためには、マイナーがその取引を承認する必要があります。

Gas (ガス) とは?

ガスという用語は、Ethereumネットワークで使用される価格設定のメカニズムのことを指します。

このメカニズムは、トランザクションを実行するか、スマートコントラクトの操作を実行するためのコスト(料金)を計算して算出します。

Trust Walletでは、これらのガス料金を「Network Fee (ネットワークフィー)」と呼んでいます。

Trust Walletで扱われているERC20トークンはイーサリアムネットワーク上にあるため、トランザクションを処理するために一定量のETHを一緒にウォレットに入れておくことが必要です。

つまり、トークンだけでトークンを別の場所に送付することはできなく、トークンを送るための手数料はETH建てでかかるため、ETHも入れておかないとトークンを動かせないということです。

Trust Walletではガスの価格とガスのリミットを自動的に設定しますが、場合によっては、ユーザーが必要に応じて手動で調整することもできます。

これを覚えておいてください:フィーはマイナーに支払われます。トランザクションをすばやく承認する必要がある場合は、より高いガス代を支払うように調整できます。これにより、認証者(マイナー)が他のトランザクションよりも前にあなたのトランザクションを認証するように奨励されます。同様に、ガス料金を低く設定すると、マイナーがそれを認証するインセンティブが下がるため、トランザクションのスピードが滞る可能性があります。

ETHガスのトラッカー(追跡ツール)

Ethereum Gas Trackerを使えば、Ethereumネットワークで現在のガス使用量を確認できます。

ここを見れば、トランザクションを正常に送信するために推奨される最低ガス料金を知ることができます。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら