Categories: 暗号資産

Trust Walletの良いところが分かった。

Trust Walletが他のウォレットと比べて良い点が分かった。

それは何かというと、BEP2トークンに対応しているということだ。

そりゃそうだよね、Binance公式のウォレットなんだから。

ERC20トークンに対応したウォレットは増えてきているので、好きなのを選ぶと良いが、

BEP2トークンとERC20トークンの両方に対応しているという意味でTrust Walletはすごい。

BEP2トークンに対応しているということは、Binance DEXやBinance.comで取引できるコインを自分のウォレットに保管することができるということだ。

話を一瞬変えるけれど、「確かにEthereumは強い。」前からずっと強い。

これからDeFiがでかくなっていって、Ethereumの存在感はさらに増していくと思う。

最近知ったUniswapというEthereum内のDEXもすごい人氣らしいし、もうEthereumやばくね?!って感じ。

でもね、BNBも負けちゃいないと思ってる。

Binance.comは多くのユーザーの心を掴んで、絶大なる支持を得ている。

そのバイナンスが作ったプロトコンで作ったトークンであるBEP2トークンは後発ながらすごく良いプロトコルだし、Binanceで主に取引するユーザーならERC20トークンを持つより、BEP2トークンで持っている方がより楽に資金移動ができるっちゃできる。

EthereumのGASが高くなってきたから、ERC20トークンで保有するんじゃなくて、BEP2トークンで保有するっていう人も出てくると思う。

今後は「Uniswap VS Binance DEXのどっちが勝つ?」みたいな論議になったとしても、私はどちらかがどちらかをまるごと食ってしまうというレベルには至らないと思ってる。

どちらかというと、共存しあえるブロックチェーンだと思っている。

Amazonと楽天がどちらかを完全に淘汰させてしまうような事態にはならなさそうなのと一緒。

イメージが伝わるかなぁ?

そんな感じで、BEP2トークン、今後は結構流行っていくんじゃないかな?

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら