Categories: コラム

Uber Eatsはアービトラージ

Uber Eatsの配達する人、

もう見ない日はないくらいに普及しましたね。

でね、でね、

Uber Eatsの配達料っていくらなんだろう?って調べたら

200円って書いてあったんだ。

びびりました。

たった200円のためにチャリ漕いで、小銭稼ぐ人がいるんだなぁ〜!って。

そう思ってたら、この仕組みって取引所間にまたがって存在しているアービトラージャーと同じだなぁ〜と思って。

アービトラージャーがいることでマーケット間の価格差が効率化する。

同じように、Uber Eatsのシステムがあることで、今まで届けることができなかった層に届くようになった。効率化した、つまりアービトラージが起きてる。

なるほどね。と一人で納得。

人間はサヤどりできるところには、どこにでも出没する。

ひょえ〜。

Uber Eatsの配達の人がチャリ漕いでいるのを見ているだけで勉強になりました。


[番外編]

でも、いつか将来、

Uber Eatsの仕組みはドローンや自動運転ロボに取って変わられる日が来ちゃうよね。

お店の人がロボに商品を渡すと、ロボがシューンって宅配先まで飛んでいくんだよ。

マックのハンバーガーをロボが持ってきてくれるNew Uber Eats、始まるのはいつ?

自動運転が普及し始めたら、すぐだよね。

ロボが普及したら、人間がさやどりできなくなるから、

取って変わられるわなぁ〜。

あぁ、人類よ〜。

Lazyな世界に向かっていくよ。

Disney映画のWalleを思い出す。

みんな宇宙船の中で自動的に浮かびながら動くチェアの上でずっとパソコンの画面を見てる、あの感じ。

そうすると、「一つの植物」が超貴重になる時代が来るってことだよね〜。

あの映画、もしかして実話だったりして??(汗)(笑)

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら