レーベルに進化しました。

アンダーハンドグリップとスーピネーショングリップの関係

avatar 筋トレの基礎知識
この記事は約2分で読めます。

アンダーハンドグリップスーピネーショングリップは、基本的に同じグリップ方法を指しますが、使用される文脈や強調点が少し異なります。

  1. アンダーハンドグリップ
    • 手のひらを上に向けて(または体の前面に向けて)握る方法を指します。
    • 一般的な用語で、主に筋トレや重量挙げの文脈で使用されます。
    • 例:チンアップバーベルカールなど
  2. スーピネーショングリップ
    • より専門的な用語で、前腕を外側に回転させた状態でのグリップを指します。
    • 解剖学的な観点から、前腕の回外(supination)の状態を強調しています。
    • 医学的または生体力学的な文脈でよく使用されます。

両者の共通点:

違い:

  • アンダーハンドグリップは一般的な用語で、トレーニングの現場でよく使用されます。
  • スーピネーショングリップは、より専門的な用語で、前腕の解剖学的な位置を正確に表現しています。

実際のトレーニングでは、これらの用語は互換的に使用されることが多いですが、スーピネーショングリップの方がより正確な解剖学的状態を表現しています。トレーニングの目的や対象となる筋肉群に応じて、このグリップ方法を選択することが重要です。特に上腕二頭筋や前腕の筋肉を重点的に鍛えたい場合に効果的です。ただし、手首や肘への負担が比較的大きくなる可能性があるため、適切な重量と正しいフォームで行うことが重要です。