Categories: 暗号資産

USDTがAlgorandブロックチェーンにも進出

USDTAlgorandブロックチェーンにも進出したようです。

USDTはOmniネットワーク、ethereumネットワーク、Tronネットワーク、EOSネットワーク、liquidネットワークに既に乗っていて、今回Algorandネットワークが追加された感じです。

LiquidネットワークはBitcoinのサイドチェインのプロジェクトらしいのですが、私の調査不足であまり良く分かっていません。

まあそれは置いといて、

USDT-Omniは、BTCネットワークに基づいてTetherが発行したUSDTです。 通貨の入金先アドレスはBTCアドレスであり、入金と引き出しはBTCネットワークで行われます。 USDT-Omniが使用するプロトコルは、BTCブロックチェーンネットワーク上に構築されたオムニレイヤープロトコルです。

USDT-ERC20は、ETHネットワークに基づいてTetherによって発行されたUSDTです。 預金アドレスはETHアドレスであり、ETHネットワーク上で入出金が行われます。 USDT-ERC20のプロトコルは、ERC20プロトコルです。

USDT-TRONTRC20)は、TRONネットワークに基づいてTetherが発行したUSDTです。 通貨のデポジットアドレスはTRONアドレスであり、入出金はTRONネットワークで行われます。 USDT-TRON(TRC20)はTRC20プロトコルを使用します。

USDT-EOSは、EOSネットワークに基づいてTetherが発行したUSDTです。 通貨預金アドレスはEOSアドレスであり、EOSネットワーク上で預金が行われます。 USDT-EOSはEOSプロトコルを使用します。

拡張したのは素晴らしいですが、これからは人為的ミスが起きないように氣をつけていく必要があります。

例えば、入金先のアドレスのプロトコル違いで送金ミスをしてしまい、送金したお金が失われないようにしないといけないですね。

受け取りも送金もアドレスのフォーマットが違うので、エラーチェックとかはあるとは思いますが、それでも、複数のプロトコルが存在することを知っておけば、間違える確率が減りますね。

では、今日はこの辺で。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx
Tags: AlgorandUSDT

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら