仮想通貨ウォレットの知識

オンライン・ウォレットや取引所を利用するときは必ず二段階認証を設定すること

あなたはオンライン・ウォレットや取引所を利用するときに二段階認証を設定していますか?

もし設定していないなら、いますぐに二段階認証を設定してください。なぜなら、二段階認証をオンにしないとセキュリティが低いと言えるからです。

「20文字くらいの長いパスワードを使っているから大丈夫」だと言う人も念には念を入れてセキュリティを強固なものにしてください。

仮想通貨はお金と同じです。しかも、仮想通貨の世界では銀行は存在しないので、どんな手段を使ってでもあなた自身で資金を守っていかなければならないのです。

オンライン・ウォレットや取引所は日々ハッカーに狙われています。ハッカーはサービスを丸ごとハックすると言った大規模なことをしなくても、スパイウェアを仕掛けて、誰かのアカウント情報を盗み取り、アカウントを乗っ取って資金だけを盗むと言った小規模な攻撃方法を繰り返すことができます。

こういうとき、二段階認証を設定しておけば仮にパスワードが盗まれたとしても、二回目の認証を通過しないとログインできません。

したがって、アカウントがハッキングに遭う確率が格段に下がります。

このように、二段階認証を有効にして、アカウントを守っていきましょう。もし二段階認証を使えないサービスがあったとしたら、そのサービスは使わないようにした方が良いでしょう。