貨幣制度を理解する

お金を使うことは相手を応援するということ

お金を稼ぐことの本質ではお金の本質は価値の交換であり、他人の力を借りるための手段だと言いました。

今回はお金を使って他人の力を借りるという行為の意義について解説していきます。

お金はあなたが応援したい人に使うもの

たとえば、私には行きつけのインドカレーレストランがあります。

このレストランにいつも行く理由は簡単で、フレンドリーに迎えてくれる上にいつも美味しいカレーを提供してくれるからです。

私がこのレストランにいつも行ってカレーを食べてお金を支払うのは、ただ単に食べた分の代金は支払わないといけないからというわけではありません。

私がこのレストランにいつも行ってお金を投入している本当の理由はこのレストランを心の底から「応援」しているからです。

これからも美味しいカレーを提供し続けてくれるように、彼らのビジネスがこれからもずっと続くように私はお金を入れ続けているのです。

お店を出るときに「いつもありがとうございます」と言われますが、実は「こちらこそいつも美味しいカレーをありがとうございます」と感じるわけです。

もしお金の流れが止まったらお店をシャットダウンしなければいけなくなるかも知れません。するとこの美味しいカレーを二度と食べられなくなって困るのは私です。

このお金の使い方は消費か投資かと聞かれれば消費と申し上げるしかありませんが、消費するときも応援したい人にお金を投入したいと私は思います。

消費ならともかく、投資ならなおさらあなたが応援する人にお金を投入するという考え方が大切です。

関連記事: 投資と消費と浪費の違いを理解する

たとえば、私は音楽プロデューサーでもあるため、音楽を作るために音楽ソフトウェアを購入しなければなりません。

そこで、私は特定のメーカーが作る音楽ソフトウェアにお金をかけ続けています。

それは彼らが作るソフトウェアがとても素晴らしいからです。

私は彼らがいるおかげでインスパイアされ、音楽制作に集中できるのです。

これからも素晴らしいアップデートを提供し続けてくれるように、彼らのビジネスがこれからもずっと続くように私はお金を入れ続けているのです。

もしお金の流れが止まったら音楽ソフトウェアの開発を終了しなければいけなくなるかも知れません。すると別のソフトウェアに乗り換えなきゃいけなくなって困るのは私です。

このようにして、応援の気持ちを通してお金は血液のように流れていくわけです。

ですから、クラック版のソフトウェアを使っているような人は自分のことしか考えていなく、応援する気持ちが全くないため、お金の流れに乗ることができなく、お金持ちにはなれないという運命が待ち受けているのです。

まとめ

このように、人はこの世に生まれてきたミッション(使命)を遂行するためにはどうしても他人の力をうまく借りていくことが必要です。

そこで、お金という手段を使って、応援したい人に対してお金を投入すれば、彼らはあなたに力を貸してくれるようになります。

すると、全てを自分一人でこなしていくよりも何倍も早く目的地にたどり着くことができます。

よく専門家は仕事道具にお金をかけているように見えますが、それは他人の力をうまく借りようとしている証拠なのです。

このように、お金を使うときは「相手を応援しているんだ」と考えるようにしてください。

そうするだけで、あなたはお金の使い方を改善していくことができますし、何よりあなたは自分をミッションに集中することができるようになり、今度はあなたのことを応援してくれる人がいつの間にか現れるようになるのです。

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-貨幣制度を理解する