2018年に立ち上げられたWazirXは、40万人を超えるユーザーを擁し、平均アプリ評価が4.6で、インドで最も急速に成長している暗号通貨取引所であると主張しています。

WazirXは2019年11月にBinanceに買収されました。WazirXの目標は、インドのすべての人が暗号にアクセスできるようにすることです。

WazirXはBinanceエコシステムの一部であり、WazirXとBinanceは、5,000万米ドルの「Blockchain For India」ファンドを立ち上げました。

WRXはWazirXのユーティリティトークンであり、WRXトークンは、Binanceブロックチェーンに基づいています。その総供給量は10億です。

トークン保有者には、取引手数料の割引、WRXトレードマイニング、トークンエアドロップ、証拠金手数料など、取引所でのさまざまな特典が提供されます。