ビットコインはブロックチェーン・テクノロジーを根幹としており、分散型のコンピューターネットワークで、中央集権を置かずにしてコンセンサス(信憑性のある合意)を到達する方法を可能にするソフトウェアです。

ブロックチェーンで数字を管理すれば、ビットコインのように通貨として利用することができます。ビットコインはブロックチェーンで数字を管理していることから、本質的にはお金の役割を果たします。

そして、そもそも私達が使っているお金って形は何だって良いわけです。

ビットコインはたまたま形のない単なるコンピュータ上の数字ですが、形がなくてもその数字に価値があると人から思っている限り、お金として価値を交換する道具としての役割を果たすことが可能になるのです。

それに価値があると信じていれば(思い込んでいれば)、別にそれが石でも貝殻でも金属でも電子的な数字でも良いわけです。ニワトリが先か卵が先かという話になるのですが、価値があると思い込んでいるからこそ皆それを欲しがり、それを皆が欲しがるからこそ価値があるということなのです。

ですから、ビットコインはビットコインを受け付けている個人や法人と取引をする媒体としてことに使うことができるのです。

ビットコインでできること

例えばですけど、ビックカメラではビットコインを受け付けているので、ビットコインを支払えばビットコイン建てでパソコンを買うことができます。

このように、ビットコインの普及が進めば進むほど、ビットコインを使える場所が増え、その利用価値が高まっていきます。逆にビットコインが何らかの理由で信用を失ってしまえば、何の取引にも使えないただの無意味なデータになってしまいます。別の言い方をすれば、お金というのは皆が欲しがればどこでも使えるようになるし、どこでも使えれば皆が欲しがるようになるのです。

ビットコインは中央で管理する組織がないため、国境を簡単に超えることができ、世界中のビットコインを受け付けてくれる人達と取引が可能になります。

ビットコインはインターネットを介して取引相手に直接送金することができるため、送金手数料は激安です。そのため、従来の法定通貨では敷居が高かった海外送金などが簡単に行えるのです。

まとめ

簡単に言ってしまうと、ビットコインはインターネット上で使える世界通貨だと思って頂ければわかりやすいと思います。