仮想通貨ウォレットの知識

ビットコインアドレスとは何か

ビットコインアドレスとは銀行で言えば口座番号のことを指します。

他人があなたに対してビットコインを送付(送金)するためにはビットコインアドレスが必要です。

ビットコインウォレットの仕組みでも解説していますが、ビットコインウォレットパブリックキーとプライベートキーの二つで成り立っています。

ビットコインアドレスパブリックキーだと理解してください。つまりビットコインアドレスは公開して良い方のキーなのです。

ビットコインアドレスの表示

ビットコインアドレスは「1C2At1iRBsB1WVQpgQZxXANojbdakCbHDL」などの文字列として表示されます。また、下記のようにQRコードとして表示することもできます。

blockchain_qrcode

QRコードは簡易型のウォレット・クライアントをあなたのモバイル・デバイスにインストールすることで簡単に使うことができます。

また、ウォレット内には自由にビットコインアドレスを追加していくことができます。

ビットコインアドレスを取引相手に知らせる

ビットコインを受け取るには取引相手にあなたのビットコインアドレスを知らせる必要があります。

あなたは自分のビットコインアドレスを取引相手にメールで知らせることもできますし、リアルな世界での取引ならばあなたのデバイス上にQRコードを表示し、取引相手にカメラでスキャンしてもらうという方法があります。

ビットコインの取引の際にはビットコインアドレスの取引履歴は全てブロックチェーンに記録され、世界に向けて全公開されるため、プライバシー保護の観点から言えば、取引毎にビットコインアドレスを変更することを強くおすすめします。

ビットコインアドレスを間違えたら?

ビットコインを送付(送金)するビットコインアドレスを間違えたら、取り戻すことはできません。必ずQRコードでスキャンするか、コピー&ペーストを使って、一字一句間違えないようにしてください。