Categories: 暗号資産

ビットコイン・ネットワーク上での「確認」とは

暗号資産を取引所や他人に送付(送金)するときにはネットワーク上で確認作業が行われます。ネットワーク確認とはブロックチェーンと呼ばれるインターネット上で公開された帳簿の上であなたのトランザクションをチェックし、承認する作業のことを指します。

「このウォレットからこのウォレットにこれだけの暗号資産を送ります。このトランザクションは有効ですか?」とネットワーク上で確認がされるわけです。ダブルスペンド(二重支払い)や偽装がないかをブロックチェーン上で確認し、問題がなければ送付が完了します。

取引所によっては1確認が出来次第入金される所もあれば、6確認が出来ないと入金されないと言った所もあります。確認の数が多ければ多いほど、トランザクションがセキュアなものになります。

しかし、あまり難しく考える必要はなく、基本的には暗号資産を送付した後は待つだけです。ビットコインの1確認だったら10分から20分はかかるとは思います。6確認だったら、最低でも40分から1時間くらいはかかると言ったところでしょうか。

これは送付手数料を支払っているかどうか、またはDust(非常に小さな額)を送付したかどうかでも変わってきますので、あくまでも参考としてとらえてください。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx
Tags: Bitcoin

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら