仮想通貨の世界においてICOと言った概念があります。ICOは、Initial Coin Offeringと言って、株式で言うIPOの言葉をひっかけて作られた造語です。

ICOとは仮想通貨を新しく発行し、一般に売り出すことで資金を調達することを指します。株式のIPOの場合は証券会社が売り出しを行いますが、ICOの場合、発行体であるコインの開発元は仮想通貨取引所と連携して行う場合が多いです。

ビットコインなどの仮想通貨はマイニング(採掘)という作業をユーザーにやらせることで市場への供給量が増えていくので発行体はありませんが、ICOを行って市場に投入するタイプの仮想通貨は、発行体は基本的には開発元になります。

開発元は資金を調達したら、売り出した仮想通貨の開発を続けたり、新機能をつけたり、マーケティングにお金を投入して、開発した仮想通貨を広めていく活動に使っていくことができるようになります。

つまり、ICOを行ったそ仮想通貨を購入するのは、あなたにとっては「ベンチャー投資」の一種だと思ってください。将来価値が上がるかもしれない新種の仮想通貨を(ビットコインを使って)いまのうちに購入することであなたはベンチャーのプロジェクトをサポートする投資家になれるということです。

これから世の中はICOを行う仮想通貨で溢れかえると思います。そのため、将来性がありそうな通貨を探す、「通貨選び」が大切になっていきます。いまのうちにリサーチ力を高める努力をしていきましょう。