アルトコインの知識

多くのアルトコインの基盤を支えるProof of Stakeとは何か

Proof of Stakeは仮想通貨のネットワークを維持するためシステムです。ネットワークの維持を手助けするユーザーに対して仮想通貨の報酬を出すことで参加する動機を与えています。

Proof of Stakeシステムの目的はビットコイン・ネットワークで採用されているProof of Workシステムと同じですが、ネットワークを維持する方法が異なります。

では、両者がどのように違うかを解説していきます。

Proof of StakeとProof of Workの違い

Proof of Workではパソコンの余剰能力を使って複雑な計算をさせ、計算を最も素早く解けた者に報酬を与えます。つまり、理論的には仕事量に比例してビットコインを採掘(英語ではmining)できる量が増えるようになっています。

対して、Proof of Stakeでは仕事量ではなく、保有しているコインの量に応じて鋳造がしやすくなるシステムを採用しています。

Proof of Stakeコインでの採掘は鋳造(英語ではforging、minting、またはstaking)と言われており、採掘(mining)とは別物として区別されています。

鋳造は金利が発生する仕組みに似ています。多くのコインを持てばその分金利が高くなる、そのように考えれば分かりやすいと思います。

Proof of Stakeの特徴

Proof of StakeはそもそもProof of Workの弱点を補完するために考案されたネットワークのシステムです。

そのため、Proof of Workのように大量に電力を消費することがないように設計されています。

また、Proof of Stakeコインは51%攻撃に対しても強いという特徴を持っています。

理由はProof of Stakeはそもそも仕事量に依存していないため、仕事量に物を言わせることはできないという特徴があるからです。51%攻撃を仕掛けるには大量のコインを保有する必要があります。

大量のコインを保有している人が51%攻撃を仕掛けてコインの信頼性を崩してしまったら、自分が保有しているコインの価値が目減りしてしまうため、結局自分の首を絞めることになるのです。

大量のコインを持っている人はおとなしく鋳造に専念した方が利益になるので、理論的には51%攻撃は起きにくいとされています。

本当に51%攻撃が起きにくいかどうかは今後明らかになっていくでしょう。

まとめ

ビットコインが将来失敗として終わるとしたら、それはProof of Workが抱えている仕組み上の問題を解決できなかったということになります。

そのときはProof of Stakeコインがデファクト・スタンダードになっているかも知れません。しかし、Proof of Workにも何かしらの解決策が出てくるかも知れないので、現段階では何とも言えません。

今後Proof of Workが改善されていくのか、それともProof of Stakeに移り変わっていくのか、それともいまはまだないシステムがリードしていくことになるのか、今後どうなるか目が離せません。未来が楽しみですね。

Genx on FacebookGenx on GoogleGenx on Twitter
Genx
Genx
仮想通貨プラットフォーム「BitShares」に無限のポテンシャルを感じています。BitSharesビットコインと比べると最初は難しいかも知れませんが、慣れたらこっちのものです。あなたの資産はもちろんのこと、あなたのビジネスを自由自在にコントロールすることができるようになります。

-アルトコインの知識