ビットコインのネットワークを動かしているアルゴリズム(仕組み)をProof of Work(POW)と言います。直訳すると「仕事による証明」です。

ビットコインのネットワーク、ブロックチェーン、は表向きには参加している人々のコンピューターに難しい計算をさせることでビットコインを「採掘」するチャンスが与えられているとされていますが、実は裏ではその計算能力はビットコイン・ネットワークの取引の認証に使用されているのです。

Proof of Workシステムは電気代を使ってネットワークのセキュリティを確保するシステム

ビットコインを採掘できる量は「仕事量」に合わせて上がっていきます。高性能コンピューターを数多く導入してその余剰能力を採掘に回せば理論的には他の人より素早く計算が解けるようになるようになるため、採掘できる量が上がるということになります。

そのため、人々が競い合って、高性能コンピューターを数多く導入し、ずっと計算させ続けることでビットコインを手に入れることができますが、コンピューターをずっと計算させ続けることでコスト(電気代)が掛かり続けます。

つまり、ビットコインのProof of Workシステムを簡単に言ってしまえば、実際のお金(電気代)を燃やすことで維持できるシステムなのです。

ここにビットコインの価値があり、電気代を消費することでやっとビットコインを手に入れられるという仕組みと、電気代を消費することで取引の認証とネットワークを非中央集権的に維持する仕組みがあるから成り立つのです。

これらの電気代は決して無駄ではなく、非中央集権的に動き続ける仕組みを維持するために必要なコストだと考えることができます。

皆で取引を認証するシステムがあるからこそ、ビットコインは中央機関無しで稼働・維持することが可能となっているわけですから。