ビットコインの仕組み

ビットコインのProof of Workシステムとは何か

ビットコインのネットワークを動かしているアルゴリズム(仕組み)をProof of Work(POW)と言います。直訳すると「仕事による証明」です。

ビットコインのネットワーク、ブロックチェーン、は表向きには参加している人々のコンピューターに難しい計算をさせることでビットコインを「採掘」するチャンスが与えられているとされていますが、実は裏ではその計算能力はビットコイン・ネットワークの取引の認証に使用されているのです。

皆で取引を認証するシステムがあるからこそ、ビットコインは中央機関無しで稼働・維持することが可能となっているのです。

しかし、Proof of Workが万能かと言ったらそういうわけでもありません。

ではどういう問題があるかを解説していきます。

Proof of Workシステムはお金を燃やして仮想通貨を手に入れるシステム

ビットコインを採掘できる量は「仕事量」に合わせて上がっていきます。高性能コンピューターを数多く導入してその余剰能力を採掘に回せば理論的には他の人より素早く計算が解けるようになるようになるため、採掘できる量が上がるということになります。

しかし、高性能コンピューターを数多く導入してずっと計算させ続ければ電気代が上がっていくので維持するのが大変になります。

このことから、ビットコインのProof of Workシステムを簡単に言ってしまえば、実際のお金(電気代)を燃やすことで仮想通貨を手に入れることができるシステムだと言えるのです。

ビットコインに価値があるとされる理由は金(ゴールド)のように有限である性質があることや上述したようにお金を燃やして手に入れる性質があるからだと言えます。

そして、いつかビットコインの採掘量が底についたとき、採掘者は電気代を燃やして採掘を続けるということはできなくなります。そのときはネットワーク上で取引の認証を行うことで発生するトランザクションフィー(取引手数料)をもらうことが採掘者にとって主な収入源となります。

Proof of Workシステムを維持するには電気代がかかり続けることやいつか供給量が上限に達してしまったら収入源が限定されてしまうことから、あまり将来性の高いソリューションとは言えないのです。

Proof of Workシステムは仕事量が特定のグループに支配されてしまえば終わり

Proof of Workシステムには特筆しておくべき弱点があります。それは51%攻撃(51% attack)の危険性があるということです。

これは特定の個人やグループが採掘速度の51%以上を支配してしまうと、二重支払い(double spending)などと言った不正な取引を行うことが可能となってしまうと言ったものです。

ビットコインネットワークで51%以上の採掘速度を確保するには非常にコストがかかるため、現実的には行うのは難しいとされていますが、全く不可能なわけではありません。

現に、マイニングプールと言って、採掘の作業自体がグループ化されてきています。そして、電気代が安い国のマイニングプールがビットコインの採掘量のシェアを急激に伸ばしてきていることから、51%攻撃がいつか起きてしまうことが懸念されます。

51%攻撃が起きてしまったら、Proof of Workの仕組みは成り立たなくなるため、別の仮想通貨に移行していかなくてはいけないかも知れません。

まとめ

このように、現行のProof of Workシステムは将来に渡って永遠に存続できるものではないと言われています。

将来もしビットコインが失敗するとしたら、このProof of Workシステムが失敗の理由になるでしょう。

現在はProof of Stakeなど、仕事量に依存しないアルトコインが注目されてきています。

今後どうなるかは未知数ですが、ブロックチェーンの概念自体は革命的なので、ビットコインがいつか淘汰されてしまったとしても仮想通貨はなくならないでしょう。そのときはビットコインが別の仮想通貨に置き換わるだけで、仮想通貨の未来は続いていくでしょう。