Genx Notes

サラリーマンのための金融の知識と投資の思考

そもそもなぜ仮想通貨がこの世に必要なのか

2018/03/07

仮想通貨の情報サイトを始めてから数年、色々と突っ走ってきましたが、ここに来て改めて私にとって仮想通貨とは何なのか、そしてなぜ仮想通貨がこの世に必要なのか、その考えを綴っていきます。

仮想通貨が今世界中で流行り始めたばかりで、今は短期的なキャピタルゲイン狙いの人がかなりの数を占めていると思います。仮想通貨でキャピタルゲインを得て、しっかり税金を払って、残ったお金で楽しく暮らすというのも良いとは思いますが、仮想通貨って私にとってただそれだけじゃないんですよね。

仮想通貨って私にとって自由を得る手段なんですよね。電力の自由化と一緒で、この流れは通貨の自由化だと思うのです。

また、既存のインフラの多くがブロックチェーンベースのシステムに置き換わっていく変革期に突入していると思うのです。

つまり、人間を信頼しなくても世の中が回る仕組みに置き換わっていくということです。

そういう中で、人類はこれからの時代、機械には任せられないクリエイティブワークに専念するようになっていくでしょうから、人々はインターネットを駆使して世界中から顧客を見つけ、好きな仮想通貨で報酬を受け取ったり、価値を保存するようになれば良いのです。(価値を交換するために法定通貨を使わなきゃいけないというルールはありませんし、海外の顧客から従来の銀行振込みでお金をもらっていたら手数料がバカになりませんし。)

「そうは言っても、ビットコインは価値が変動しまくるからお金として使えないじゃん」と言う声が聞こえてきます。

だからこそ、価値交換や価値の保存は投機性の高いビットコインを使うのではなく、法定通貨にペッグした「bitJPY」や「bitUSD」を使っていけば良いのです。これらの仮想通貨はBitSharesで流通している仮想通貨であり、bitJPYは日本円にペッグしていて、bitUSDは米ドルにペッグしています。

そのため、顧客からこれらの仮想通貨を受け取るようにしたら、「早く価値を固定させないと!」と慌てて取引所で売ったりする必要がなく、そのまま保有することができるようになります。

そして、あなたが何かを購入する時(対価を支払うとき)は、ウォレットに入っているbitJPYやbitUSDをそのまま相手に支払うことができたら、もはや仮想通貨を法定通貨に戻すという概念がなくなるわけです。

だからこそ、ビットコインのような投機性の高い仮想通貨で消耗するより、bitJPYやbitUSDのような決済に向いている仮想通貨を積極的に取り扱うことで、通貨の自由化を体験できるわけです。明日銀行が潰れても、bitJPYやbitUSDとして価値を保有していれば影響を受けませんし、安心ですね。

そういう意味で仮想通貨は単なるキャピタルゲインを得るための物ではなく、世界からお客さんを見つけてくる(世界から報酬をもらう)チャンスを与えてくれる物だと思うのです。

ビットコイン トレードグランプリ
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

もうGOXしたくないなら分散型取引所のビットシェアーズを始めよう!(メール講座)



-初心者から始める仮想通貨