謎の高値で取引されているNFTはあの理由。

色々考えましたが、

結局NFTがなぜ超高値で売買されるか分かりました。

それはNFTが「マネーロンダリング」に使われているからだと私は思いました。

全員が全員そうだとは言っていませんけどね。

私は考えはこうです。↓


資金を洗浄したい個人やグループがいるとします。

この人達は違法行為で得た現金をどうにかしてまずは仮想通貨に変えます。(そのまま怪しい現金を銀行には振り込めないし、仮想通貨交換所に怪しい現金を送ることもできないので、地道にOTCで仮想通貨に変えていくわけです)

同時に、この人達は別名義でNFTを作成して市場で売ります。

そして仮想通貨が集まった頃、その資金を使ってあらかじめ市場に出してあるNFTを購入します。

つまり、どういうことかというと、NFTの売り手とNFT購入した者は実は同じ人物なんですが、

別名義で動いているから、売り手と買い手がいるように見せかけているのですが、

実は同じ人物の自作自演というわけなのです。

これで何が起きるかというと、

NFTの売買によって現金が洗浄され、簡単に銀行に預けることができる「正当な」お金となるわけです。

NFTの買い手は「NFTのギャラリー」を所有することにして、

NFTの売り手は仮想通貨を仮想通貨交換所経由で銀行に引き出して、現金に戻すんです。

合法なお金になった後は、関係者に対して「運営費」の支払いに使用されたりするわけです。

だからこそ、意味が分からないジャンクのようなアートに何十万ドル、何百万ドルもの大金が動くわけです。

アートという物はそもそも価値が曖昧ですから、それを使って大金を動かしているわけです。

そういう意味で、本当のことが分かってしまえば、

昨今のNFTのブームに乗っかるのは結構おバカな行為なのかも知れません。

(NFT自体が悪いと言っているわけではありませんが、NFTを使って自分も一攫千金を得ようとする行為が結構おバカな行為なのかも知れませんという意味です)

最初はNFTは「若者オンリー」の文化だと思っていましたが、実はそうではなかったんです。

歳に関係はなく、NFTに何十万ドル、何百万ドルと払うことに対して「意味が分からない」のは当たり前のことなのです。だって自作自演のためのツールだったんですから。

だからNFTブームに乗っかるのは微妙だなぁと最近は思っています。

最初から変だと思っていたんです。

物を「所有する」ことの概念が薄れてきた風の時代で、なぜ最近の若者はデジタルな代物を「所有」して「優越感」を得たいと思うようになったんだろう?って。

そしたら、答えは「若者がそう思っているのではなく、あくまでも「作られた嘘のブーム」だったから」というわけなんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました