レーベルに進化しました。

WordPressで画像をwebp形式にしました。

a fox mW016eYvXLc unsplash scaled 1 ブログ日記
この記事は約2分で読めます。

WordPress高速化の一環として、画像をwebp形式にしました。

WebPはMacのSafariでも見れるようになってから、ほぼ一般人が持っているブラウザを網羅したかなと思っていますので、画像をWebPにしても良いかなと思うようになりました。

Squooshで最初からwebp形式にしてからWordPressにアップロードしようと思っていたのですが、

Squooshは画像を一つ一つ変換することしかできないので、面倒くさくてやめました。

じゃ何を使ったかというと、Converter For Mediaです。

このプラグインをインストールして、

Bulk Optimizeしました。

既存の画像をWebPにしてくれるということです。

私が使っているPNG to JPGと同時に使ってみましたが、ぶつからないようです。

JPGとしてあげたら、JPGが裏でWebPになるって感じの動きでした。

PNGとしてあげたら、JPGにして、JPGが裏でWebPになる、そんな感じの動きになっていました。

とりあえず、画像をサイズ変換したりしたくないので、WebP形式にするくらいなら別に良いかなと思っています。

ちなみに、Converter for MediaのPro版にもある「AVIF形式」はWebPよりもさらにファイルサイズが軽い形式のようですが、対応していないブラウザがまだたくさんあるということで見送っています。