Categories: 暗号資産

Wrapped BTCはやめとけって思うよ。

Wrapped ETH (WETH) ならまだ分かります。

なぜなら同じブロックチェーンの中にあるから、

ETHとWETH間のロック、アンロックは同じブロックチェーン内のスマートコントラクトで制御するだけだからさ。

でも、Wrapped BTCはWrapped ETHと名前は似ていても、全く性質が違う。

Wrapped BTCはERC20トークンとして存在しているけれど、本質的にはBitcoinIOUだ。

BitGoというカストディアンが発行したERC20タイプのIOUに過ぎない。

BitGoがいつでもBTCとWBTCを相互に交換し続けてくれるとは限らない。

信じたい人は信じても良いとは思うけど、

私の直感では名前を似せてくるようなところから、やめとけ感が伝わってくるよ。

今日はそれだけです。ではでは。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら