レーベルに進化しました。

エックスサーバー側でWordPressのセキュリティ設定を行う

ethan weil edxRu4jh0 unsplash scaled 1 サイト作成
この記事は約1分で読めます。

エックスサーバーって実はすごく優秀なサーバーで、WordPressのセキュリティ設定をサーバー側で行うこともできる。

例えば、私のようにゲストチェックアウトができないショップを運営しているような者は、WordPressの「誰でも登録できる」にチェックをオンに入れてしまっているわけです。

だから、スパムユーザーが登録してきたりするわけです。

私は登録フォームにも日本語で答えないといけない質問を設けたりして、最初のバリアを張っているわけです。

ここで、エックスサーバーのサーバー側でWordPressセキュリティ設定をすることで二つ目のバリアを張ることができるわけです。

もちろん、あまりにも設定を縛りすぎると、海外にいる日本人ユーザーがアクセスできなくなったり、

特定のプラグインが使えなくなったりするので、そこは臨機応変に変更していかないといけないかも知れません。

いずれにしても、二つのレイヤーでバリアを張ることで、スパム対策となるわけです。