Categories: 暗号資産

YouTubeにあげた動画が削除されまくってるのはAIのせい

パンデミックが始まってから、YouTubeの社員の多くは在宅勤務になったらしい。

だから、動画の内容のスキャンを人間ベースではなく、

AIベースに切り替えたらしい。

だから、それから、多くのYouTubeチャンネルや動画が削除をくらうようになった。

でも、その多くは間違いだったんだよね。

AIがポンコツだったわけだ。

だから、最近になって(というか今日のVergeのニュースで書いてあった)人間のモデレーターを戻すってことになったみたい。

でも、思うんだ。

これって一時的な話だよね。

またさ、AIを修正して、良くして、また放つと思うんだ。

そしたら、今よりは良くなる。

でもね、やっぱりね、暗号資産系のユーチューバーにとってはユーチューブで暗号資産情報を上げるのって

AIからのフラグが立ちやすいと思うんだ。

例えばこんな風にね。↓

YouTubeが再び著名暗号資産チャンネルを標的に

AIをどんなに修正しても、

やっぱりどうしても暗号資産系のチャンネルは標的になりやすい。

だって既存の世界を壊す破壊的なテクノロジーだから。

エンターテイメント界とは訳が違う。

やっぱり、「あんたの言ってることは有害もしくは危険なコンテンツ」だって判断されたら、

どんなに頑張ってチャンネル登録者数を稼いだところで一発退場になる。

だから暗号資産チャンネルをYouTubeでやってる人は非常にリスキーなことをやっていると言える。

だからこそ、YouTubeをやりながら、LBRYのようなブロックチェーン型動画投稿サービスをバックアップとして使った方が良い。

そしたら、万が一YouTubeチャンネルが消されても、LBRYに同じコンテンツを残すことができるわけだから、

動画を取り出せるし、

YouTubeチャンネルから突然締め出されても、

TwitterやFacebookを使ってLBRYチャンネルに呼び込むことができる。

それにね、LBRYはブロックチェーン型だから「AIにフラグされて勝手に消される」ということはない。

だから、暗号資産系の動画クリエイターはリスク分散することが必要だよね。

そう思う。

あ、あとブロガーにも同じことが言えるよね。

noteとかに書いてたら、ある日運営側の独断と偏見で突然締め出されるかも知れない。

だから、wordpress.orgのサーバーインストール型のWordPressをインストールして、自分のサイトを立ち上げるようにすると良い。

日々バックアップを取っていれば、何があっても記事を取り出せるしね。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら