Genx Notes

仮想通貨&トレーディングに関する情報サイトとコンサルティング

LBRY

YouTubeの検閲に反対の人はLBRYを使うと良い。

2019/12/29

Cointelegraphのニュースによると、YouTubeの検閲が問題になってきているようです。

特にクリプト系のコンテンツで、極端な意見を持つ人の動画がどんどん消されていったりしているようです。

そうですよね。

それはそれは多くの人がYouTubeという媒体にコンテンツを載せまくっているわけですから、

YouTubeという媒体に力を与えていることになるわけです。

人にを「アドで報酬をあげるから」という人参を使って餌をあげれば、

人はそのコンテンツに自分の力を投入することになるわけですから、

YouTubeがどんどん強くなるということです。

だから、特に理由もなく動画が運営側に削除されても、ユーザー側は何も言えない。

むしろ言ったら、「おまえ面倒くさい」と思われてアカウントがBANされるだけなのです。

だから、そういう中央集権的なところにパワーを持たせたくないという人達は

非中央集権型のプラットフォームを使うということを選択肢に入れると良いです。

例えば、LBRYというブロックチェーン型の非中央集権型のプラットフォームがあります。

LBRYではYouTubeのように動画を上げていくことができますが、YouTubeのように「意味もなく勝手に消される」ということはないようです。

だから言いたいことを言えるというわけです。(もちろん自分の言ったことには責任を持つ必要はありますからね。それはどこに行っても変わりません。)

それとLBRYにはLBCクレジットという内部トークンがあります。

このトークンを投げ銭感覚で相手に贈ったり、貰ったりすることができるのです。

そしてLBCトークンは仮想通貨取引所に送って他の仮想通貨と交換することができますから、

やろうと思えば法定通貨に交換することもできるのです。

Genx Notesのメルマガへの登録はこちら。



-LBRY

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。