Categories: コラム

有名人アカウントのハッキング

イーロンマスク氏のアカウントがハッキングされたことは記憶に新しい。

これにより、暗号資産(暗号資産)「ビットコイン」による送金を促す内容が投稿されていたりした。

「1000ドルを送れば、2000ドルにして返す。」みたいな内容だ。

実際、私も騙されたタチだ。

でもよく考えてみれば、イーロンマスク氏がそんなことをするわけないよなと考えて、納得した。

ということで、これからは有名人がツイートしているからと言って、それが本人のものかを知る術が今の技術では確実には存在しない。

これがもし大統領のアカウントだったらどうなるか?

そういう風に考えると、何かしらのブロックチェーンと連動させて、有名人アカウントの信憑性をチェックできる仕組みが欲しいと私は思った。

有名人のアカウント情報が何かしら変更されたら、それがブロックチェーン上で見えるという仕組みがあれば、良いなって。

ディープフェイクの技術も進化しているし、動画だからって本物とは限らないって話になるし、

何を信じれば良いのか分からなくなってきた人類にとっては、情報を安全だと確定させるには、やっぱり何らかの形で既存のサービスをブロックチェーンを連動させることが必要なのかも知れないね。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら