に投稿 コメントを残す

雑記ブログと専門ブログのどっちが良いか私なりの答えが分かった。

雑記ブログにするか、専門ブログにするか、

これって永遠のテーマでした、私にとって。

で、私は専門ブログを複数持っていたんです。

でもね、ある時気づいたんです。

私の場合は「雑記ブログ」が合うって。

その理由を話しますね。

まず、私はずっと専門ブログでやってきました。

専門ブログって確かにその分野の「プロ」みたいに見られるかもしれないけれど、

何が大変だったかというと、

・その分野に飽きたら更新しなくなる

これが一番大きかったです。

だから専門ブログって放置しがちだったんですよね。

更新しなくなるとね、結構ね、情報が古くなったり、

世界が次に進んだりして、見られなくなっていくわけです。

でもね、雑記ブログに変えたら、別にトピックを絞る必要がないから、生きているだけで色々なことが起きますから、それをトピックにして更新していくことができ、更新が止まらなくなったので、私の場合は雑記の方が合うことに気づきました。

あと、もう一つ重要なことがあって、

これめっちゃ大事なことなんですけど、

「情報って人に対して偶然に聞かせないといけない」わけです。

どういうことかというと、

とあるトピックについて知りたがっている人に対してそのトピックの情報を上げるのって、それってあまりね、世界を変える効果がないんですよ。

だって、そのトピックについて知れたら、その人は「いいことしれた」って言って帰っていくだけだから。

でもね、本当に大事なのは、全く違うことを検索していたら、たまたまその人のブログで自分が全く知らなかったことを知れた。そしたらその分野に興味を持てた。

そしたら、その人が色々とそのことについて調べ出して、その人の世界が変わっていく。

ということは、やっぱり偶然でも何でも良いから、読者が知らない情報を読者に浴びせること、これが大切だと私は思いました。

まるで音楽のプレイリストやミックステープですね。

自分で作ったプレイリストだったらね、同じ曲ばかり聞いちゃって、なかなか新しい音楽に対する情報が入ってこないわけです。

でもね、友達が「この曲いいな〜」とか「この曲は君好きかもよ」ってレコメンされたら、それを聞いてみたら、あなたの世界が友達のおかげでどんどん広がっていくみたいな。

そんな感じですよね。

自分一人じゃ小さい世界にとどまってしまうけれど、友達や周りのススメで自分の許容量がアップする。

これが人を成長させるってことだと思うんです。

だからね、それをやるには私の場合は専門ブログじゃできないことに気づいたんです。

だって専門ブログを運営していたら、うちのサイトに来る人はそのトピックについて知りたがっている人だから、もう既にその事柄について「初期の情報」は持ってるわけですよ。

でも、本当にしたいことは、読者に対して、偶然だか必然だか分からないけれど、全く新しい情報を浴びせることができるパワー。

これです。

こんな感じですよ。

やっぱり私には雑記ブログが良い。

だって偶然を味方にできるから。

まぁ、偶然なんてないって色々な人は言うけどね。

まぁ、人間が狙ってできないようなことを実際に起こすことができる、これが雑記ブログのパワーです。

コメントを残す