アメリカと仮想通貨

コラム

アメリカって本当に色々ある国ですよね。

今はちょうど仮想通貨enthusiastにとっては最も住みにくい国の一つだと言えますね。

だって、最もイノベイティブな国の一つで、

数々の素晴らしい物を生み出してきた国なのにも関わらず、

自分の国においた規制当局のせいで

「米国のユーザーはこの仮想通貨サービスは利用できません」といった感じで

世界中の素晴らしい仮想通貨のサービスからシャットアウトされてしまっているのですから。

そろそろ大きな政府から小さな政府への移行を米国民自体が検討していかないと、

人々のために存在する国なのか、少数の人間を満足させるために動かされてる人々なのか、分からなくなってますよ。

イノベイティブな国なはずなのに、自分達を縛り続ける監視の仕組みのせいで、前に進みにくくなってる。

なんて皮肉なんでしょうか。

そろそろヒンドゥー教の三大神の一人「シヴァ」を召喚して、

「維持」の時代から「破壊」の時代に移らなくてはいけないってことですよ。

規制当局にへつらって、STOなんて作ってる場合ではないのです。

そろそろアメリカのイノベーター達は立ち上がって、内部からビッグムーブメントを起こしてくださいな。

コメント