クリプトカレンシーを非中央集権的にスワップできるウォレット「AtomicWallet.io」

AtomicWallet.ioというウォレットがある。

クリプトカレンシーのウォレットでありながら、ウォレットの中で別のクリプトカレンシーにスワップできるというものだ。

このウォレットのユニークなところは、スワップの方法の一つに「Atomic Swap(アトミックスワップ)」というものがある。

これはエスクロー等の第三者を介さずに2者間で安全に違うクリプトカレンシー間を取引することができる。

Atomic Swapは別名クロスチェーントランスファーと言って、異なるブロックチェーン間でも非中央集権的に、かつ安全にトレードできる方法なのだ。今までは中央集権型の取引所を使わないとできなかったことだ。

中央集権型取引所と違い、アトミックスワップだと取引形態はIOUじゃなくて、全てはブロックチェーン上に刻まれている現物取引のままだから気分的に楽だ。

それをトラストレス(人間がお互いを信用することなく)に1対1で行うことができるようになったという意味では画期的なのだ。

イメージで言えば、ウォレットの中で発注しておくことで、あなたの注文がAtomicWalletを利用している他のユーザーにも見えるようになり、あなたの注文を見て、その取引レートでトレードしたい人が現れたら、その人があなたと取引を実行できるようになっている。

また、その逆に、マーケットに出ている注文に対して自分から取引を実行させることもできる。

まるで、LocalBitcoins.comのクリプトカレンシー専用版のような感じだ。

まぁ、LocalBitcoins.comとの違いとしては、エスクロー無しで取引できるという意味で非中央集権的だし、AtomicWallet.ioではあくまでもプライベートキーは自分で持て、しかもプライベートキーは自分のデバイスから離れないという意味でCustodialなサービスではないため、安心だ。

今のところAtomicWallet.ioの中でアトミックスワップに対応しているのはBTC, LTC, それとQTUMだけのようだが、今後増やしていくプランはあるようだ。

それ以外の通貨間のトレードはShapeShiftやChangellyを使っているようだが、これらのサービスはあくまでもギミックであり、アトミックスワップではないから注意しよう。

近々AtomicWalletのiOSやAndroid版もリリースされるらしい。近い将来、AtomicWalletとBitSharesと組み合わせると最強になるかも知れない。

AtomicWallet.io

コメントを残す