信用取引でのナンピンは危険

2014/12/30  2018/08/26

信用取引では借り物で取引をするため、いつか必ず反対売買が必要になります。

塩漬けにするにしても金利が掛かってきますし、長期保有には適していません。

そのため、現物長期投資のように「放置する」という戦略を取るのが難しくなります。

そのため、信用取引は単純にこれから短期的に価格が上がるのか下がるのかを当てるゲームになってしまいます。価格が上がるのか下がるのかを当てるゲームは投資ではなく投機になります。

投機では確率に基づいた勝負をしなくてはなりません。そのため、価格が間違えた方向に行ってしまったら早めの損切りが不可欠です。つまり、ナンピンは「間違いを認めない行為」として将来的にダメージを受ける行為になるので、非常に危険です。

現物長期投資でのナンピンは戦略的に合理的ですが、信用取引でのナンピンは命取りになります。自分の資金でトレードしているのか、借り物でトレードしているかの差はとてつもなく大きいので、気をつけましょう。

-仮想通貨トレーディングのマインドセット
-

関連記事

損切りの重要性

信用取引を行うならば、ストップ注文を発注しておいて、損切りをする準備をしておくこ ...

元本を回収したら、残りをlet it rideさせるのもあり

どうしても売り時が分からないときは、元本の分を決済して、回収し、残りはタダで手に ...

投資と投機とヘッジの違い

投資に似た言葉で投機という言葉があります。 Related terms:用語: ...

トレードをノートに記録する必要性

トレードで成績を伸ばす最も有効な習慣の一つに「トレードは全てノートに記録する」と ...

物事を単純化して考えることの重要性

物事を単純化して考えることはとても重要なことです。 Related terms: ...