ビットコインの先物取引とは何か

2017/07/12  2018/08/26

ビットコイン先物取引現物取引ではなく、信用取引でもなく、「契約」の取引です。

先物取引には限月という名の満期日がある

ビットコインの先物取引では、証拠金を預入れ、差金決済によりビットコインを売買するという意味では信用取引に似ていますが、先物取引には「限月(げんげつ)」というシステムがあり、満期日が決められています。

日本で最もビットコインの先物取引が進んでいる、おすすめの取引所はbitFlyer Lightningなので、ここではbitFlyer Lightningを例にとりますが、ビットコインの限月には「7月14日限」と「7月21日限」など、1週間単位でSQ(清算値)を迎える取引が用意されています。

満期日までであれば反対売買による差金決済を行うことで建玉(ポジション)を解消することができます。

満期日までに反対売買による差金決済を行わなかった場合、建玉は満期日に決定するSQで自動的に差金決済されます。

ちなみに、先物取引の取引板は性質上、満期日に近づけば近くほど現物の板の価格に近づいていく動きを見せるので、それをヒントにSQまで待つか待たないかを選択するのがスマートだと言えるでしょう。

ビットコイン先物では売りから入れる

先物取引の中身は契約なので、現物を持つ必要性はありませんから、買いから入ることも、売りから入ることもできます。

今日が7月8日だとして、7月14日限のビットコイン先物を1枚買ったとしたら、7月14日限の満期日までに決済すれば、ポジションは解消されます。

もし解消しなければ、SQの価格で売り、決済しなければなりません。

同じく、今日が7月8日だとして、7月14日限のビットコイン先物を1枚売ったとしたら、7月14日限の満期日までに決済すれば、ポジションは解消されます。

もし解消しなければ、SQの価格で買い戻し、決済しなければなりません。

ゴールドなどのコモディティ先物の場合はSQを迎えた時にポジションを決済しなければ、現物の受け渡しを行うことができます(買いの場合)が、ビットコイン先物の場合はSQで決済される(つまり、現物の受け渡しシステムは存在しないということ)ため、満期日を迎えれば自動的にSQ価格でポジションが解消されてしまいます。

受け渡しの存在しない先物取引は「日経平均先物」のように、投機の側面が強いと言えるでしょう。

逆に、投機の側面が強いため、先物主導で現物板が動かされてしまうようなこともあります。

ビットコイン先物はレバレッジがかけられる

bitFlyer Lightning Futuresでは証拠金の最大15倍までビットコインの取引ができます。

つまり、レバレッジをかけることができるということです。例えば、10万円の預入証拠金で150万円の取引ができるということです。

ただ、預けた証拠金の割に大きなトレードをすると、リスクを抱え過ぎることになり、最悪の場合は投資額を超えた損失を出すこともありえるので、おすすめしません。

投資額を超えた損失をカバーする資金を持っていないのなら、大きなリスクを取るのはやめましょう。

英語圏では「scared money don't make no money」というフレーズがありますが、これには「なくしてはいけないお金を使ってお金儲けはできない」という意味があります。

ということで、取れる範囲のリスクに留めておきましょう。

まとめ

ビットコイン先物を始めたいのなら、bitFlyer Lightningが最もおすすめです。

-仮想通貨トレーディング
-,

関連記事

ストップリミット注文のスマートな使い方

ストップリミット注文には基本的に3つの設定項目があります。それは、「Stop」、 ...

トレードをするというのはエレベーターに乗るということ

現在の世界では仮想通貨の価格の安定性はFiat(法定通貨)に比べたときにボラティ ...

ティック(呼値)とは何か

ティックとは金融商品における価格の変化の最小単位のことを指します。 Relate ...

先物取引とは何か

先物取引を簡単に言ってしまえば「契約」です。 Related terms:用語: ...

スリッページとは何か

スリッページとは成行注文を発注して注文を約定させる直前に価格が動いてしまい、あな ...