bitFlyer Lightningでは1週間先物(直近の金曜日に満期日を迎えるもの)と2週間先物(1週間先物から1週間後に満期日を迎えるもの)が存在していましたが、今回3か月先物(直近の 3, 6, 9, 12 月の最終金曜日に満期日を迎えるもの)が追加されました。

先物トレーダーにとっては朗報ですね。

これで、CMEが提供するBitcoin Futures等をわざわざトレードしなくても、bitFlyerからより満期日が長いものを取引することができます。

投稿者: Genx

当サイト管理人です。初心者のための仮想通貨やトレーディングについての考え方について情報配信、及び仮想通貨界隈で日々学んでいることを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA