「乗っている車で人の価値は決まる」というビリーフを持っている人がいますが、これはリミテッド・ビリーフなので、早急に打ち消しましょう。

乗っている車で人の価値が決まることは絶対にありません。むしろ、車は持つだけでポケットからお金が取られていくので、車は「負債」の部類に入ります。もちろん車はあればとても便利ですが、フィナンシャル的に言えば、負債を保有しているかどうかで人の価値を決めること自体がナンセンスですし、この風習や考え方は社会の洗脳の一つと言えます。いい加減に起きるようにしてください。

「高額な車を所有していればお金持ちでしょうし、オンボロな車に乗っていたり、車自体を持っていなければ貧乏と思われる」というのは完全なる思い込みです。もし誰かにそのように言われたとしても、「それがどうかしましたか?」と思うようにすると良いです。あのバフェットでさえ普通の乗用車に乗っているわけですから、富と車は関係がないです。良い車を保有しているかどうかで人の価値を「ジャッジ」してくる他人の価値観を合わせる必要はありません。

ですから、「乗っている車で人の価値は決まる」というビリーフを持っている人は、大切なお金を車に注ぎ込み、資産を形成することを怠る現実が確定し続けますから、そのような偽情報はすぐに捨て去りましょう。

というわけで、「乗っている車で人の価値は決まる」を打ち消すためのカウンタービリーフを発表したいと思います。

今日のカウンタービリーフ

車と人の価値は無関係である!

投稿者: Genx

当サイト管理人です。初心者のための仮想通貨やトレーディングについての考え方について情報配信、及び仮想通貨界隈で日々学んでいることを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA