裁量トレード対システムトレード

2015/04/20  2018/08/26

裁量でトレードするべきなのか、システムを組んで自動的にトレードにするべきなのか。

これに関しては多くの意見があると思います。裁量トレードで儲けている人は裁量トレードが一番だと言うだろうし、システムトレードで儲けている人はシステムトレードが一番だと言うだろうし、どちらも合っています。

結局は利益を出すのに手段は関係ないということだと私は思います。必要なのは規律(自制心)です。規律を守るのが裁量でできる人であれば裁量でやればいいし、規律を守るためには自動化するしかない人はシステムトレードにすればいいのです。合っている、間違っているという概念はなく、それぞれのトレーダーは己を知り、自分に合ったスタイルを選択するべきなのです。

私は個人的には裁量トレードをします。それは私はシステムでエントリーポイントを決めるということをしたくないからです。また、突発的にアービトラージのチャンスが発生することがあるので、システムは組まず、自分のタイミングで注文を執行するようにしています。基本的には逆張りのスタンスでトレードしていますが、場合によっては順張りもします。

とにかく、手段は十人十色なので、テクニックなどに溺れるのはやめましょう。手段より根本となる考え方をはっきりさせる必要があります。手段はどうでも良いことにまずは気づくことが大切です。思考、行動、結果の中での思考を重視するようにしてください。

-仮想通貨トレーディングのマインドセット

関連記事

トレーダーは自分のことを認めることから始めなさい

トレーダーとして上手くやっていくには、一人になったときも自信を持つことが必要です ...

順張りと逆張りとは何か

順張りと逆張りとはそれぞれ投資の方法のことを指します。 Related term ...

投資と投機とヘッジの違い

投資に似た言葉で投機という言葉があります。 Related terms:用語: ...

どっちのレジに当たるかを当てるゲームをトレーディングに当てはめてみよう

あなたはコーヒーショップでコーヒーを注文するためにレジに並んでいるとします。レジ ...

ポートフォリオに意図を設定することの重要性

多くのトレーダーは「なるべく多く稼ぎたい」と言って具体的な目標利益額を設定しませ ...