テクニカル分析の本来の使い方とは

2015/02/20  2018/08/26

多くのトレーダーは毎日チャートを確認して日々の価格の推移を確認します。そしてチャートを見てテクニカル分析をしようとします。

しかし、ここでテクニカル分析とはそもそも何なのかを一度考え直して頂きたいと私は思うのです。

多くの人はチャートを見て、次の動きを予測しようとするのですが、そもそも未来を予測し続けるということはあなたが未来から来た人間でない限り、不可能です。

では、テクニカル分析は何なのかというと、売買をするタイミングを見計らうツールと考えて欲しいわけですよ。

予測するとのではなく、あなたが決めた売買のルールに対する条件が合致したのかどうかを判断するためのツールとして使用するわけです。

サインが出たからエントリーする、サインが出たからエクジットする、これを機械的に実行するだけなのです。

そしてエントリーした結果、仮に間違った方向に向かってしまったら躊躇なくそのポジションを切り捨てるのです。

このように一貫性を持ってトレードすれば、根拠のないところでテキトーにエントリーするよりも長期的には結果を出すことができるはずです。

このようなエントリーとエクジット方法に徹することを習慣にしてしまえば、感情を介入させることなく、自動的にトレードを行うことができるようになります。

そして、エントリーの制度もスナイパーのように極めて良いものになっていき、成績も上がっていくことでしょう。

-仮想通貨トレーディングのマインドセット

関連記事

塩漬けと損切りのどちらが正しいのか

私がトレードをやっていて、良く犯した間違いが「希望的観測」に基づいたトレードでし ...

投資では利益を出すことが全てではない

投資の世界ではヘッジという考え方があります。 Related terms:用語: ...

暴騰、暴落の理由は人に聞くな

自分の保有している銘柄が暴騰、または暴落したら多くの人はその理由を調べようとして ...

トレーディングを統計学の確率論で考えることの重要性

全く細工がされていないフェアなサイコロがあったとします。 Related ter ...

トレードするときは孤独になる必要がある

トレードする前、そしてトレード中は自分一人で相場と向き合い、孤独になる必要があり ...