ビットコインがビットコインとビットコインキャッシュに分裂した理由はリミテーションとなっていた1MBのキャッシュをもっと大きくしたかったけれど、

コンセンサスを得れなかったから、仕方なくビットコインがビットコインとビットコインキャッシュに分裂することになりました。

そしたら、ビットコインキャッシュはビットコインキャッシュ内で開発チームによって「スマートコントラクト機能やその他色々な便利機能つけようぜ!」って感じになってきて、

「これじゃSatoshi Nakamotoが思い描いていた世界共通の通貨を作るというビジョンから逸れてしまっているではないか!もっとシンプルな構成に戻してSatoshi Nakamotoのビジョンを尊重せぇ!」

って言う人達が現れて、ビットコインキャッシュがビットコインキャッシュとビットコインSV(Satoshi Vision)に分裂してしまいました。

これがビットコインからビットコインキャッシュが生まれ、ビットコインキャッシュからビットコインSVが生まれた経緯の簡単な説明です。

EthereumEthereumとEthereum Classicに別れた時は、分岐して仕様が変わった方が本線になりましたが、

Bitcoinの場合は分岐して仕様が変わった方が本線になったわけではなく、仕様が変わっていない方が本線のまま続いてしまっています。

「ビットコインSVがオリジナルのビットコインだ」と言う人もいますが、2019年3月現在多くの仮想通貨取引所では決済通貨BTCのままで、

ビットコインキャッシュもBitcoin SVアルトコイン扱いとなっています。

今日現在、ビットコインは未だに仮想通貨の世界では基軸通貨なのです。

投稿者: Genx

当サイト管理人です。初心者のための仮想通貨やトレーディングについての考え方について情報配信、及び仮想通貨界隈で日々学んでいることを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA