お金よりお金のなる木を育てること

2015/01/03  2018/08/26

お金は木になる実のようなものです。食べれば(使えば)なくなってしまいます。しかし、お金のなる木は違います。お金のなる木はお金を無尽蔵に作り出すことができます。

仮に木になっている実を食べてしまっても、木を枯らしさえしなければまた次の実がなります。

つまり、お金よりもお金のなる木(仕組み)を育てることの方がよっぽど重要だということが分かります。

木がないのならまずは木を育てましょう。既に木があるのなら、その木を大きく育てることに集中するのが良いでしょう。

大きな木があれば余裕ができます。余裕ができれば、お金のなる木をさらに増やすことに着手することができます。

それは、木になったお金(木の実の中にある種)を土に植えて新たな木が作り出すことです。

お金のなる木があれば、木になっているお金自体を投資する(土に植える)こともでき、複利で資産を指数関数的に増やすことができるので、とても大切な資産となります。

まとめ

お金持ちになるには、お金自体に執着することなく、お金のなる木を育てましょう。

-コラム
-

関連記事

人は上手くいかない道をわざと通っている場合がある

無意識レベルでは上手くいかないことだと分かっていたとしても、上手くいかないことに ...

no image
The EOS21 Protocolの発表でEOSへの大移動が始まるか?

shEOSというEOSのblock producerにより、The EOS21 ...

創造・運用・破壊の流れに乗ろう

この記事を読む前に、まずはさとうみつろう氏のシヴァの悩みという記事を読んで頂きた ...

ベイルアウト(Bail-out)VS ベイルイン(Bail-in)

いままでは金融機関が経営破綻の危機に陥る度に、政府が公的資金(国民の税金)を注入 ...

変えるべきビリーフ「お金をたくさん持つと嫌な人になる」

「お金をたくさん持つと嫌な人になる」というビリーフを持っている人がいますが、これ ...