QuoinexがLiquidになる

Quoineが運営している「Quoinex」が「Liquid」になるというニュースが舞い込んで来ました。

Quoineは「Qryptos」という仮想通貨オンリーの取引所(日本のユーザーはQryptosのアカウントを持てなかった)も運営していて、今回QryptosもLiquidに統合されるとのこと。

つまり、今回はQuoinexとQryptosが合わさって「Liquid」になるということですね。

そうなると、Liquidが新装開店したら、日本のユーザーは仮想通貨対Fiatだけではなく、Qryptosの機能であった仮想通貨同士の取引にもアクセスできるようになるということだと思っています。(これはFAQにもまだクリアには書いていないので確実には分かっていないのですが、二つの取引所が統合するということは日本のユーザーにもQryptos側の機能にアクセスできるようになるということなのかなと。)

ここで思い出して欲しいのが、Quoineは「QASH」という独自トークンを以前リリースしているということ。

Liquid.comによると「The QASH Token will be known as the Liquid Token after the Liquid platform launch. QASH which fuels Liquid will be the preferred payment token for financial services.」

と記載されているので、Quoinexの日本ユーザーを筆頭に、QASHトークンが多くの人にとってより身近になるということで、これは少なくともQASHトークン保有者にとっては朗報ですよね。

(QryptosのFrom QASH to Liquid tokenのFAQページによると、QASHはLiquidというトークンにリネームされることになるようですが…)

まぁ、Let’s see how this goesって感じですね。

Liquidのリリースがちょっと楽しみです。

コメントを残す