Categories: ビットコイン

同じビットコインアドレスを使い回すとどうなる?

例えば、あなたがビットコインアドレス, 1, 2, 3, 4, 5の五つを持っていたとしましょう。これらのビットコインアドレスは誰もあなたが所有しているアドレスだとは知りません。

ここで仮想通貨取引所(例えばPoloniexなど)がビットコインアドレス10を所有していたとしましょう。このビットコインアドレス10というのはあなたのPoloniexアカウントに専用で紐づけられているものであり、あなたがPoloniexにビットコインを入金するために使用するビットコインアドレスです。

仮にあなたがビットコインアドレス1からビットコインアドレス10に対してビットコインを送ったとします。

数日後、ビットコインアドレスアドレス2からビットコインアドレス10に対してビットコインを送り、その一週間後にビットコインアドレス5からビットコインアドレス10に対してビットコインアドレスを送ったとします。

このように同じビットコインアドレスを使い回すとどうなるのか。

答えは、Poloniex、またはPoloniexのサーバーにアクセス権を持つ人間、またはブロックチェーンの分析ができる人でビットコインアドレス10がPoloniexの所有物だと分かる人間は、ビットコインアドレス1, 2, 5は同じ人間が所有していることが見てとれるわけです。

仮にHDウォレットを使っていたとしても、ビットコインアドレス10にビットコインを送り続けていたら、プライバシーが全て筒抜けになってしまうのです。

Poloniexでは仕様としてビットコインアドレス10を一度あなたにアサインしたらその後は変更ができなくなります。(昔はPoloniexもビットコインアドレスの変更ができた時期が少しだけあったような記憶があります)

これは日本のビットコイン取引所であっても同じです。あなた専用のビットコインアドレスをあなたのアカウントに紐づけて、どこから資金を送ろうが、取引所が定めたビットコインアドレスを再利用したら、送り元を辿っていくことによって、複数のビットコインアドレスが同一人物のものだということが分かってしまうのです。

繰り返しますが、既知のビットコインアドレスを再利用することはプライバシーがなくなることを意味します。

もし、これが嫌だと言うのなら、あなたは一旦クリプトスペースに入ったら、クリプトスペースから出るべきではないというか、仮想通貨を受け付けてくれる仲間を日々増やし続け、最終的には法定通貨に戻さなくても仮想通貨同士で誰とでも価値交換ができるようになるくらいに仮想通貨を世間に浸透させる必要があります。

昔ならば、「そんな日が来るのかな?」と言われていたかも知れませんが、今では仮想通貨が爆発的に広まってきているため、仮想通貨オンリーで生活できる世の中は以前より現実味を帯びてきたと言えます。サトシナカモトの描いたビジョンがあなたの力で広まり続けるかも知れませんよ。

また、法定通貨に戻す、戻さないの話は別にしても、仮想通貨取引所に対してそこまでのプライバシーを明け渡したくないという人はBitSharesの利用をおすすめします。BitShares非中央集権型取引所であり、DACなので、本人確認なしでアカウントを作ることができ、あなたがあえてアカウントを所有していることを世界に教えない限り、あなたのアイデンディティとアカウントが紐づけられることはありません。

もちろんBitSharesから既知のビットコインアドレスにビットコインを送ったり、既知のビットコインアドレスからBitSharesにビットコインを送ったら、その時点であなたがアカウントを所有していることは分かってしまいますが、少なくともBitSharesアカウント自体は匿名で作成可能です。またBitShares内の入金用ビットコインアドレスも現時点では毎回変更でき、同じビットコインアドレスを再利用する必要はないので、Poloniexより断然プライバシーは高いと言えます。

プライバシー重視の方にはBitSharesの利用をおすすめします。

Genx

当サイト管理人です。初心者のための仮想通貨やトレーディングについての考え方について情報配信、及び仮想通貨界隈で日々学んでいることを配信しています。

Share
Published by
Genx