ショート(空売り)って何?スーパーで売っているバナナに例えると分かりやすい

2015/05/01  2018/08/26

ショート空売り)のコンセプトって一度理解してしまえばどうってことないのですが、最初は理解するのに苦労する人が多いようです。

やはり普通に生活していたらショートする機会はあまりないので、あまり馴染みがなくて分かりにくいのでしょう。

ショートは買いと売りの順番を逆にしたものと理解してください。これはもうそのまま覚えてください。

普通は買って、買ったモノを売ります。でもショートでは最初に手元にないものをどこかから借りてきてそれをそのまま売り、あとで買い戻して借りたものを返却するのです。

ショートの例

例えばですよ。あなたはテレビで「今年のフィリピンのバナナは豊作だ」というニュースを見たとします。

そして、豊作ということは供給が上がるので、値段が下がるということですよね。

あなたはスーパーに行ってバナナの価格を覗いてみたら、一房300円で売っていました。

あなたは一瞬「あれ?高くない?」と思うわけです。

豊作だから一房150円でも妥当なはずなのに、スーパーでは300円で売られている。

「これはまだ新しい価格が反映されていないってことだな。」とあなたは思いました。

あなたがここで儲けるには3つの方法があります。

1. スーパーで300円で買って350円で売る。
2. フィリピンから100円で取り寄せて、利益を上乗せして売る。
3. スーパーのバナナを借りて300円で先にお客さんに売ってしまう。安いバナナがフィリピンから入ってきたら、バナナを安く買い戻してスーパーに返却する。

1番目の方法

まず1番の方法はスマートではありません。スーパーが300円で売っているのに、なぜあなたはお客さんがあなたから350円でバナナを買うと思うのか?という話です。あなたがスムージーショップを経営してて、バナナスムージーを600円で売るなら分かりますが、普通のバナナを350円で売ってもあなたから買う人はあまりいないでしょう。

2番目の方法

次に2番の方法ですが、フィリピンから100円のバナナが手に入る頃にはスーパーも同じ価格でバナナを手に入れられるわけですから、あなたに競争力がついたわけではありません。だから、あなたもスーパーもバナナを150円で売ることになり、スーパーとの価格競争になります。マーケティングが上手い方が勝つでしょう。まあ、頑張ってください。

3番目の方法

最後に3番目の方法ですが、これがショートする方法です。あなたはスーパーからバナナを借りてきて、まだ300円で売れるうちにお客さんに一房300円で売ってしまうのです。

そして、フィリピンからの安いバナナが手に入るようになったら、一房100円で買い戻し、スーパーにバナナを返却します。あなたは先に300円の売り上げを手にして、100円で買い戻したわけですから、200円の利益が出るのです。

この場合はショートが一番スマートなやり方でしょうね。

まとめ

ショートは売りから入るので、値段が下がっていく市場で利益を出すことができます。

ただ、先ほどのバナナの例はあくまでも理想的なパターンなのを理解しましょう。

テレビで「フィリピンのバナナが豊作だ」とやっていて、スーパーで300円で売られていたら、あなたより先にショートする人が現れて、あなたがショートする頃には大抵300円で売れなくなっているでしょう。

または、ニュースを見た買物客は300円のバナナを高いと思うようになり、バナナを買い控えるかもしれません。すると、バナナが古くなる前にスーパーは値下げを行い、価格を需要に合わせようとするでしょう。すると、フィリピンから安いバナナが入ってくる前から大幅値下げが実施されるかもしれません。するとあなたがショートする前に値段が下がって、利益が思ったように出なくなるかもしれません。

あとは、豊作というニュースが早とちりだったという可能性もあります。そうしたらあなたは先にバナナを売った値段より高い値段で買い戻さなくては行けなくなる可能性もあります。

だから、ショートを成功させるには目を凝らし、需要と供給のバランスがおかしいところを誰よりも早く見つけないといけません。買いから入るのと違い、「借り物」で商売をするわけですから、買い戻して返却する責任があるのです。

だからショートは安易に誰もがやっていいものではなく、市場を熟知した者だけが行うべきなのです。さもないと火傷しますよ!

ビットコインをショートできる取引所

ビットコインをショートするには、ビットコインの信用取引、もしくはビットコインの先物取引が行える仮想通貨取引所を利用する必要があります。

ビットコインの信用取引、及びビットコインの先物取引に関してはいずれもBitFlyer Lightningが日本で一番進んでいる仮想通貨取引所なので、BitFlyer Lightningをおすすめします。

-仮想通貨トレーディング

関連記事

ブロックトレードとは何か

ブロックトレードとは大口の取引を行いたい投資家がいたときに、その大口の注文を市場 ...

キャピタルゲインとは何か

仮想通貨においてキャピタルゲインとは仮想通貨の価格の上昇による利益のことを指しま ...

取引所取引があるのになぜ人はOTC(相対)取引を行うのか

取引所での取引は日本中の、または世界中の仮想通貨トレーダーを一箇所に集めて取引さ ...

トレードをするというのはエレベーターに乗るということ

現在の世界では仮想通貨の価格の安定性はFiat(法定通貨)に比べたときにボラティ ...

ストップリミット注文のスマートな使い方

ストップリミット注文には基本的に3つの設定項目があります。それは、「Stop」、 ...