テレビやニュースを見ないという生き方

2016/04/10  2018/08/26

テレビやニュースは制作側が見ている人をコントロールするという「意図」を持って配信する内容を決めています。

ですから、テレビで使われる言葉や表現、起用されるメンバー、選択されるニュースの種類、あらゆるものがあなたの潜在意識を書き換えようと飛び込んできます。

顕在意識でいちいちブロックしていても、毒された情報に晒される頻度が多ければそれに負けてしまい潜在意識に届いてしまいますし、テレビではサブリミナルな表現がたくさんあるので、顕在意識ではその意図に気づかないまま、潜在意識に刷り込まれてしまうなんてこともしょっちゅうあります。ですから、惰性(いつもの癖で)でテレビやニュースを見続けるのは危険です。

あなたは見たい内容を自分で選ぶことはできませんし、制作側は流したい情報を好きなだけ流すことができますし、見れば見るほど確実にあなたを洗脳することができるからです。持久戦になると必ず負けるようになっているのです。

天気予報が見たかっただけだとしても、そこに辿り着くまで様々なメッセージに晒されます。だから天気が見たかったら、スマホに天気予報アプリでもインストールして、天気予報だけを見て終わりにするようにしてください。わざわざテレビから情報を仕入れる必要はないです。

笑えるスピリチュアルのさとうみつろう氏の「メディアからの洗脳に覚める」のカテゴリーは非常におすすめなので、読んでみると色々と考え方が変わるかも知れません。

ニュース見なくなっても死なないですし、本当に知らなきゃいけない情報があったとしたら、それはあらゆる手段を使ってあなたの目に飛び込んできます。これは本当です。やってみたら分かります。テレビ見なくても全く問題なく生きていけるのです。

あと、メディアに洗脳されなくなったら、トレーディングだってすごく楽になりますよ。だって、ニュースが気にならなくなったら、不安がなくなり、ビットコインの価格がどうなろうがへっちゃらになりますから(爆)。

いちいちビットコインの価格が暴騰・暴落する理由を調べていたら「不安の波動」があなたから出るので、不安が的中するような展開になり、気持ちが滅入ったところであなたは最安値でビットコインを投げ売りすることになり、手持ちのビットコイン現物をすべて売り払った直後に暴騰して泣くという結果になりますから。不安の波動を出し続けたら必ずあなたの不安は的中します。だって潜在意識に不安が的中するように願いを届けているようなものだから。

関連記事:暴騰、暴落の理由は人に聞くな

メディアはあなたを恐怖に陥れ、心配させるための仕組みです。だからニュースを見るのをやめて心配するのをやめれば万事OKになるのです。

今日から心配を手放し、ぜひ伸び伸びと生きていくという選択をして欲しいものです。

-コラム

関連記事

変えるべきビリーフ「お金をたくさん稼ぐには長時間働く必要がある」

「お金をたくさん稼ぐには長時間働く必要がある」というビリーフを持っている人がいま ...

投資しないことにもリスクは存在する

投資にはリスクがあることは既にご存知だと思います。しかし、投資をしないことにもリ ...

経営者や投資家は投資としてお金を燃やすことができる

成功する経営者や投資家は普通の人とはお金についての考え方が全く異なります。 Re ...

no image
ホリエモンの言ってることも分かるし、アマゾンのコメントの人が言ってることも分かる

ホリエモンの「これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話」という本。 Rela ...

金本位制が崩壊した後の世界

金本位制が崩壊してからは、金の保有量を超えて紙幣を刷られるようになりました。 R ...