0と1の差は無限大

コラム

今回は0と1の差は無限大であるというお話をします。

例えばブロガーが1日に1記事書くことができれば、一年に365記事書くことができます。しかし、1日に0記事のままだったら、一年で書ける記事は0記事のままです。当たり前のことですが、0には何を掛けても0のままなのです。これが0と1の差が無限大と言われる所以です。

これから分かることは、何事も1を積み重ねないと成果を出すことができないということです。投資の世界でも同様になります。どれだけ最初に足し算で元本を増やし、利益を再投資できるかが、複利で利益を出していくためには必要な考え方になります。

お金持ちになるための方程式を理解するでも紹介していますが、お金持ちになるには以下の方程式をいかに上手く回していくかにかかっています。

金持ちになるための方程式 =(収入 - 支出)+(資産合計 × 運用利回り)

資産がある程度育てば、その後はかけ算を使って利益を増やしていくことができます。

しかし、資産が小さいうちはかけ算の効果はとても弱いので、「資産合計」の値を大きくするために足し算を次から次へと重ねていかなければなりません。

足し算で資産を増やせば増やすほど、かけ算の効果は上がっていきます。しかし、かけ算を軌道に乗せるためにはどうしても足し算を最初にやっておかなければならないという結論に至ります。

ですから、楽なショートカットを探している時間が無駄であり、どれだけ早く足し算を積み重ねていけるかが鍵となります。

かけ算が効くようになる頃にはあまり足し算をしなくてもかけ算が利益を増やしていってくれます。複利で利益が増えていくようになるため、成長曲線は指数関数的な形になるのです。

コメント