シグナルが出たら躊躇なくエントリーすること

2014/11/17  2018/08/26

トレーディングの戦略を一旦決めた後は、エントリーポイントがやってくるまでジッと待つのが基本です。

このとき、待った上で実際にエントリーするべきシグナルが出たにも関わらず、土壇場になって怖くなってエントリーしない人がいます。こういう人はトレーディングで利益を出すことができません。

なぜならプラン通りに動けず、高確率トレードをみすみすと見逃してしまうからです。

また、仮にあなたが戦略が本当は有効だったとしても、たまたま連続で負けてしまって、感情に任せて戦略を変えてしまい、エントリーに躊躇してしまったら確率論に基づいたゲームができません。

残念ながらトレーディングで絶対に勝てる魔法の杖は存在しないことを分かってください。トレーディングは恐怖の感情に飲まれ、守りに入り過ぎたら負けるようになっています。

トレーディングでは「正しく負けること」を覚える必要があります。

トレーディングは確率論に基づいたゲームなので、プロでも負けトレードを普通に出しますし、負けるのはこのゲームのうちだということを理解する必要があります。

ですから、そもそも負けても心がブレないような損失額に限定することが大切です。これをコントロールするにはポジションサイズを限定するようにしてください。

トレーディングで成果を出すには、お金をなくす恐怖をいかにコントロールできるかが鍵になります。

自分の戦略を途中で疑い始めたり、恐怖のあまり高確率トレードを見逃したりしていたら、結果が出なくなってしまいます。全てのトレードで負けを覚悟するようにしてください。

感情は一切排除し、エントリーするべきときにエントリーし、エクジットは必ず執行することを基本としてください。

-仮想通貨トレーディングのマインドセット
-

関連記事

トレードをノートに記録する必要性

トレードで成績を伸ばす最も有効な習慣の一つに「トレードは全てノートに記録する」と ...

ポートフォリオに意図を設定することの重要性

多くのトレーダーは「なるべく多く稼ぎたい」と言って具体的な目標利益額を設定しませ ...

ポジションに入った理由がなくなったらエクジットすること。それ以外はむやみに損益を確定させないこと。

価格が上がると思ったから買った、価格が下がると思ったから売った、このようにポジシ ...

利益はあなたのお金になったのだから無駄な使い方をしないこと

トレードで得た利益を簡単にドブに捨ててしまうトレーダーはたくさんいます。 Rel ...

利益確定が良いトレードとは限らない

利益確定となったトレードは必ずしも良いトレードだったとは言い切れません。 Rel ...