最近は法定通貨にペッグしたステーブルコインが流行り出してきている

ツイッターやCoindeskから流れてくるニュース等を見ると、最近は法定通貨にペッグしたステーブルコインが流行り出してきている。

最近ならGMOが2019に円ペッグしたコインを出すとか出さないとか、そういう話が出てきていた。

上記のリンクの記事を書いた当時はUSD Tetherなんてものはなくて、NubitsというUSDにペッグするコインが流行っていた。結局はNubitsは中央集権的なコインだったから、ペッグが壊れてしまって信用がなくなってしまったけれどね。

今後はUSD Tetherとかも危ないと言えば危ない。だからこそ、次で説明するBitShares内のステーブルコインがおすすめだ。

補足だけど、bitJPYをBTSに精算する方法はこちらのページにまとめてある。
スマートコインを精算する方法

bitJPYを保有するにはBitSharesアカウントを作成するだけで良い。無料だ。本人確認もいらない。どこに住んでいても作ることができる。

プライベートキーも自分で持てるから誰も(たとえ国でさえも)あなたから資産を奪うことができない。これが非中央集権型取引所兼ウォレットであるBitSharesの最強のメリットだ。

ステーブルコインの認知が上がり、bitJPYが流行れば、日本円の代わりにbitJPYが大きく流通することも考えられる。そうしたら、bitJPY建てで物を買ったり、資産を保有したりできる。

同じ時にbitUSDがアメリカで流行り、bitCNYが中国で流行っていれば、BitShares内の取引所でそのままbitアセットをトレードすることができる。

アメリカに行きたいなら、bitUSD/bitJPY市場に行って、FXのようにbitUSDに交換して、bitUSDとして利用していくような未来が想像できる。

同じ原理で、中国に行きたいなら、bitCNY/bitJPY市場に行って、FXのようにbitCNYに交換すれば良い。

こんな感じで非中央集権型のステーブルコインを持て、いつでも交換できる時代が既にあるのだ。あとはこの情報を広めるだけなのだ。

一人でも多くの日本人がこのシステムを知って、活用するようになれば、日本が仮想通貨の分野において先進国になることも夢ではない。

BitSharesは未来のお金の形だからこそ、あなたが周りにどんどんすすめることで発達が早まるぞ!

コメントを残す