投資にはリスクがあることは既にご存知だと思います。しかし、投資をしないことにもリスクがあるということを忘れないで頂きたいと思います。

この世の中では完全にリスクフリーになることはありえないのです。

資産はどんな形にしておいても下落するリスクに晒されるのです。

どちらにせよリスクと向き合う必要があるのなら賢く向き合いたいですよね。そしてリスクとうまく付き合って行くことができれば、お金持ちへの道を歩き出すことができます。

投資しないことのリスクとは何か

では、投資をしないことにはどのようなリスクがあるかを解説していきます。

あなたは投資をせず、日本円を通貨として銀行に貯金していたとします。

あなたが日本で生活しているのなら意識しにくいかも知れませんが、銀行に預金してある日本円の価値も日々変動しています。

投資をしないと決め、資産の全てを日本円という形で持っていた場合、円安になったときに日本円の価値が下落します。日本円の価値が下落すると、日本円の購買力が減り、同じ金額で買えるものが減っていくのです。すると、実質的にあなたの資産は目減りします。

これは銀行に通貨を預けておいても日本円の価値の下落リスクからは逃れることはできないことを示しています。

あなたは日本円を銀行に預けておく行為は日本円に投資していることと同じであることを認識する必要があります。日本円を通貨として預金しておくことは、日本円のロングポジション(日本円が将来的には上がるだろうというポジション)を持っているのと同意義なのです。

日本円をドルに変えれば、日本円が下落するリスクからは逃れることができますが、今度はドルが下落するリスクに晒されます。

資産はどんな形にしておいても何かしらのリスクがつきまとうものなのです。

資産を一つの形にしておくこと自体がハイリスクである

ここで大切なのは、資産を一つの形にしておくことはとても危険であるということを理解することです。

全ての資産を日本円で持っていたとしたら、日本円がハイパーインフレになった瞬間にあなたの資産は紙くずになってしまいます。このような事態に備えるためにも、リスクはヘッジしておかなくてはなりません。

逆から言うと、投資をすることで、国に依存している自分を変えることができ、仮に国がダメになってしまったとしても生き延びられる可能性が格段に高まるのです。

資産をどの形でどれくらいの割合で変えておくかを知るためには知識を身につけることが先決です。

知識を身につけるには、少額でも良いので、早い段階で投資を実際に始めることが一番良いです。

それは投資をすれば世界の見方が変わるからです。逆に無知を放置するのが一番危険です。

まとめ

投資しないこと自体がリスクをはらんでいるということを理解してください。

うまくリスクと付き合くためには資産を一つを形にしておいてはいけません。

また、投資家として成功していくには知識を身につけていくことが重要なので、投資は早い段階からデビューすることが大切です。

投稿者: Genx

当サイト管理人です。初心者のための仮想通貨やトレーディングについての考え方について情報配信、及び仮想通貨界隈で日々学んでいることを配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA