トレードとギャンブルの違いを理解する

仮想通貨トレーディングのマインドセット

多くの人はトレードをギャンブルと勘違いしています。

確かにトレードはギャンブルのように扱ってしまうこともできるので勘違いが起きてしまうのですが、実はトレード自体はギャンブルではありません。トレードをギャンブルにしてしまうかはあくまでもトレーダー次第となります。

トレードとギャンブルの決定的な違いはオッズが変化しオッズが高いときに勝負できるかどうかにあります。つまり、トレードは運に頼らず確率に基づいて勝負することができます。

逆にパチンコでは座った台のオッズをコントロールすることができません。もちろん座る台を変更することは可能ですが、座った台自体のオッズは機械の設定で決まります。ですから、一部のプロを除いて一般の人がパチンコを打つ場合、勝つか負けるかは運に頼ることになるのでギャンブルに当てはまります。「勝てばいいな」と期待をしてパチンコを打っても、あなたの期待と実際のオッズは独立していて無関係なので、無情にもオッズ通りの結果がやってきます。

また、ルーレットのように一見オッズをコントロールできそうなものも実はハウスが勝つ可能性が高いのです。赤・黒、イーブン・オッド、なども実は勝つ可能性は50:50ではありません。なぜなら0と00が存在するからです。オッズ的にはハウスに有利なので長期的にやり続けると統計的に必ず負けるように出来ています。勝つ確率が50%を切っているのに赤・黒、またはイーブン・オッドにばかりかけていたらそれはあなたにとって何のメリットもありません。

トレードにはエントリーに適したタイミングがある

では、トレードは何なのか。トレードは自分にとって有利な場面、また不利な場面というのか必ずあります。このとき、有利な場面でのみ勝負するということをやり続けることができれば、長期的には勝つことができます。ただ、有利なときに勝負しても負けることもあります。この負けるときの損失額をあらかじめ固定するのがポイントです。負けの額を1とすると、勝ちの額を2や3にするのです。すると短期的には買ったり負けたりしますが、長期的には右肩上がりのグラフになります。三歩進んで一歩下がっても、結局は二歩進んだことになるからです。

また、ギャンブルだと思われがちなポーカーも実はギャンブルではなく、トレードと同じような側面があるのです。ポーカーでも有利な場面、不利な場面が必ずありますので有利な場面のときにだけ勝負に出るのです。ポーカーでは不利な場面で辛抱強く我慢するにしても各ハンドでBlind(Ante)が取られるので資金がジリジリ負けていきます。そして有利な場面が回ってきたらここぞとばかりに勝負し、ドカンと勝つのがポイントです。

ですから性質は違えど、トレードやポーカーはオッズが高いときに勝負できるというポイントからしてギャンブルではないのです。もちろんオッズを無視してエントリーした場合には単なるギャンブルになってしまいますからご注意を。

コメント