Openledgerで作成したアカウントをCryptoBridgeで使う方法

今回はOpenledgerで作成したアカウントをそのままCryptoBridgeで使う方法について解説していきます。

まず、OpenledgerもCryptoBridgeも同じBitSharesネットワーク(ブロックチェーンが同じ)の上に建てられたDEXなので、アカウントを相互に利用することができます。

アカウントモデルの場合

最も簡単な例がこれです。

Openledgerで「Account Model」を使ってアカウントを作成した場合、OpenledgerのログインIDとパスワードを使って、そのままCryptoBridgeにログインすることができます。

逆に、CryptoBridgeで作成したアカウントを使って、そのままOpenledgerにログインすることもできます。

物凄く簡単ですね。

ウォレットモデルの場合

OpenledgerでWallet Modelを使ってアカウントを作成した場合、二つのリストア方法があります。

一つ目はバックアップファイルを取り込む方法、二つ目はBrain Keyを使ってアカウントをインポートする方法です。

それぞれのやり方を紹介します。

バックアップファイルを取り込む方法

まずはCryptoBridgeにアクセスします。右上の国旗ボタンをクリックして、言語を日本語にします。

次に、リストアのリンクをクリックします。

バックアップのリストアの画面が表示されるので、Browseからバックアップファイルを指定します。

バックアップファイルのパスワードを入力します。

リストアのボタンをクリックします。

リストアが完了したら、ダッシュボードのボタンをクリックします。

すると、アカウントがインポートされています。

Brain Keyを使ってアカウントをインポートする方法

Brain Keyを使って、アカウントを復元したい場合は、CryptoBridgeにアクセスしたら、高度な設定をクリックします。

「ウォレットブレーンキーでリストアする」をクリックします。

任意のパスワードをここで設定し、ブレーンキーを入力します。

入力し終わったら、新しいウォレットを作成するのボタンをクリックします。

完了ボタンを押します。

すると、ダッシュボードが表示され、アカウントがインポートされています。

このように、OpenledgerのアカウントはそのままCryptoBridgeで使うことができるのです。

注意点

最後に注意点ですが、CryptoBridgeは現時点でAirBitzモードに対応していないので、AirBitzモードでCryptoBridgeにログインすることはできません。

この場合、新しいアカウントをアカウントモデルもしくはウォレットモデルで作り直し、資金をそちらに動かしてから利用すると良いでしょう。

コメントを残す