レーベルに進化しました。

ヘッドルーム

この記事は約1分で読めます。

ヘッドルームとは、オーディオ信号が歪みを生じずに処理できる最大レベルと、通常の信号レベルとの差のことを指します。言い換えれば、信号がクリッピング(歪み)を起こさずに増幅できる余裕のことです。

ヘッドルームの重要性

1. 音質の維持

  • 適切なヘッドルームを確保することで、音声信号の歪みを防ぎ、クリアな音質を維持できます。

2. ダイナミックレンジの確保

  • 十分なヘッドルームがあれば、音楽のダイナミックレンジ(最も静かな部分と最も大きな部分の差)を保持できます。

3. 後処理の余地

ヘッドルームの管理

適切なレベル設定

  • 一般的に、デジタル録音では-6dB to -12dBのヘッドルームを確保することが推奨されています。

ピークメーターの活用

  • 録音やミキシング時にピークメーターを監視し、信号が0dBFSに近づきすぎないようにします。

リミッターの使用

  • 必要に応じてリミッターを使用し、予期せぬピークを抑制することでヘッドルームを確保します。

ヘッドルームの適切な管理は、高品質な音楽制作において不可欠です。十分なヘッドルームを確保することで、クリアで動的な音楽を作り出すことができます。