レーベルに進化しました。

RAID1

この記事は約1分で読めます。

RAID1は、大切なデータを守るための特別な方法です。パソコンやサーバーの中で使われています。

分かりやすい例え話

RAID1は、「データの双子」を作るようなものです。

  1. 双子のノート
    • 同じ内容を2冊のノートに書くイメージです。
    • 1冊が水に濡れて読めなくなっても、もう1冊があるから安心!
  2. バックアップの自動化
    • 大切な写真を自動的に2か所に保存するようなものです。
    • スマホが壊れても、パソコンにも同じ写真があるから大丈夫!

RAID1のいいところ

  1. 安全性が高い
    • データが2か所にあるので、1つが壊れても大丈夫。
  2. 読み取りが速い
    • 2つの場所から同時に読めるので、写真を見るのが早くなったりします。

気をつけるところ

  1. 容量が半分に
    • 同じものを2つ置くので、使える場所が半分になります。
  2. 少し高価
    • 2つの保存場所が必要なので、お財布への負担が大きくなります。

どんな時に使うの?

  • 会社の大切な顧客情報
  • 病院の患者さんの記録
  • 銀行のお金の記録

つまり、RAID1は「絶対に失いたくないデータ」を守るための特別な方法なんです。普通の人の家のパソコンではあまり使わないけど、大切なものを扱う会社ではよく使われています。