レーベルに進化しました。

SP-1200

この記事は約2分で読めます。

SP-1200は、音楽制作、特にヒップホップやエレクトロニック音楽の制作において非常に重要な役割を果たしたサンプラー/ドラムマシンです。1987年にE-muシステムズによって発売されました。

主な特徴

  1. サンプリング能力:最大10秒のサンプリング時間(2.5秒 x 4チャンネル)
  2. 12ビットのサンプリング解像度
  3. 26.04 kHzサンプリングレート
  4. 内蔵シーケンサー
  5. 独特のローファイサウンド

音楽史における重要性

SP-1200は、特に1980年代後半から1990年代前半のヒップホップ制作において革命的な役割を果たしました。その独特の「ローファイ」なサウンドは、多くのプロデューサーに愛用され、ヒップホップ音楽の音響的特徴の一部となりました。

有名なユーザー

  • DJ Premier
  • Pete Rock
  • J Dilla
  • The Bomb Squad (Public Enemyのプロデューサーチーム)

レガシー

SP-1200は生産終了後も、そのユニークなサウンドと操作性から多くのプロデューサーに愛され続けています。現代では、そのサウンドを再現するソフトウェアやプラグインも開発されており、デジタル時代においてもその影響力は健在です。SP-1200は、単なる機器以上の存在として、ヒップホップ文化とサウンドの象徴的な存在となっています。