レーベルに進化しました。

タイムストレッチ

この記事は約2分で読めます。

タイムストレッチは、音楽制作や音声編集において非常に重要な技術です。以下に、タイムストレッチの概要と応用について説明します。

タイムストレッチとは

タイムストレッチは、音声や音楽のテンポ(速度)を変更する技術で、音程(ピッチ)を変えずに音の長さを伸縮させることができます。つまり、曲の速さを変えても、声の高さや楽器の音程が変わらないようにする処理です。

主な特徴

  1. 音程を保持:元の音程を維持したまま、再生速度のみを変更します。
  2. 品質維持:高品質なアルゴリズムを使用することで、音質の劣化を最小限に抑えます。
  3. リアルタイム処理:多くの現代的なソフトウェアでは、リアルタイムでタイムストレッチを適用できます。

応用例

音楽制作

映像制作

  • 映像の長さに合わせた音楽の調整
  • 効果音の長さ調整

パフォーマンス

  • DJプレイでのビートマッチング
  • ライブパフォーマンスでのテンポ調整

語学学習

  • 外国語の音声をゆっくり再生して学習

技術的側面

タイムストレッチには複数のアルゴリズムが存在し、用途に応じて選択されます。代表的なものには以下があります:

  1. PSOLA (Pitch Synchronous Overlap and Add)
  2. Phase Vocoder
  3. Elastique

これらのアルゴリズムは、音声信号を分析し、再構築する過程で時間軸を操作します。タイムストレッチは現代の音楽制作において欠かせない技術となっており、多くのDAW(Digital Audio Workstation)やオーディオ編集ソフトウェアに標準で搭載されています。