Categories: 暗号資産

Dusting Attack(ダスティング攻撃)とは?

Dusting Attackダスティング攻撃)とは、ハッカーや詐欺師が少量のコインを個人の財布に送って、ビットコイン暗号通貨のユーザーのプライバシーを侵害しようとする、比較的新しい種類の悪意のある活動を指します。

次に、これらのウォレットトランザクションアクティビティは、攻撃者によって追跡されます。

攻撃者は、各ウォレットの背後にいる個人または会社を特定するために、複数のアドレスを組み合わせて分析を実行します。

ハッカーや詐欺師は最近、暗号通貨のユーザーがウォレットに表示されるこれらの少量にあまり注意を払っていないことに気づき、いくつかのSatoshiを送信することで多数のアドレスを「ダスティング」し始めました。

複数のアドレスをダスティングした後、ダスティング攻撃の次のステップでは、同じウォレットに属するアドレスを特定するために、これらのさまざまなアドレスを組み合わせて分析します。

ダスティング攻撃の目標はとしては、最終的には、ちりばめられたアドレスとウォレットをそれぞれの会社または個人にリンクできるようにすることです。

成功した場合、攻撃者は、手の込んだフィッシング攻撃またはサイバー恐喝の脅威を通じて、この知識を標的に対して使用する可能性があるということです。

ダスティング攻撃は当初ビットコインで実行されましたが、パブリックで追跡可能なブロックチェーン上で実行されている他の暗号通貨でも発生しています。

例えばですが、2018年10月下旬に、ビットコインのSamourai Walletの開発者は、一部のユーザーがダスティング攻撃を受けていると発表しました。

同社は、攻撃についてユーザーに警告し、彼らが自分自身を守る方法を説明するツイートを送信しました。

Samourai Walletチームは、ダストの追跡に関するリアルタイムのアラートと、ユーザーが疑わしい資金にマーキングすることができる「“Do Not Spend”(使用禁止)」の機能を実装したため、これらのダストが将来のトランザクションに含まれないようにすることができるようになりました。

このように、ダスティング攻撃は複数のアドレスの組み合わせ分析に依存しているため、ダスティングファンドが移動されない場合、攻撃者はウォレットの所有者を特定するために必要な接続を確立できません。

Samourai Walletには、疑わしいトランザクションをユーザーに自動的に報告する機能が既にあります。

基本的にダストは5460 Satoshi以下の値を指しますが、今日の多くのダスティング攻撃はそれをはるかに上回っていたりします。

ビットコインはそもそもオープンで分散化されているため、個人情報を提供することなく、誰でもウォレットをセットアップしてネットワークに参加できます。

すべてのビットコイントランザクションは公開されて表示されますが、各アドレスまたはトランザクションの背後にあるIDを見つけるのは必ずしも簡単ではありません。

これが、ビットコインを「やや匿名」といった状態にしますが、完全な匿名ではありません。

ピアツーピア(P2P)トランザクションは、仲介者の関与なしに実行されるため、匿名のままである可​​能性が高くなります。

ただし、多くの暗号通貨取引所はKYCの認証プロセスを通じて個人データを収集します。

つまり、ユーザーが個人のウォレットと取引所のアカウント間で資金を移動すると、何らかの理由で匿名化が解除されるリスクがあります。

理想的には、ユーザーのプライバシーを保護する方法として、新しい受信トランザクションまたは支払い要求ごとに新しいビットコインアドレスを作成する必要があるということです。

そのため、多くの人が信じていることとは違い、ビットコインは実際には匿名の暗号通貨ではないことを覚えておくことが重要です。

最近はダスティング攻撃に加えて、ブロックチェーンネットワークの匿名化を解除するために「ブロックチェーン分析」を実行している多くの企業、研究所、政府機関があり、すでに大きな進歩を遂げていると主張する人もいます。

というわけで、

ビットコインブロックチェーンをハッキングしたり破壊したりすることはほぼ不可能ですが、ウォレットはしばしば重大な懸念事項だったりします。

ユーザーはアカウントを作成するときに個人情報を必要としないため、ハッカーが自分のコインにアクセスできてしまった場合、盗難を証明することはできません。できたとしても、集まった情報だけでは役に立たないのです。

ユーザーが自分の暗号通貨をウォレットに入れているとき、彼らは自分の銀行として機能しています。

つまり、ハッキングされたり秘密鍵を紛失したりした場合にできることは何もありません。

プライバシーとセキュリティは、私たち全員にとって、日々ますます価値が高まっています。

そして、それらは暗号通貨のトレーダーや投資家にとって特に価値があります。

ですから、このような攻撃が存在することを理解して、自分で自分の身を守ることが大切なのです。

Genx

日々考えたこと学んだことを綴っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked*

The field is required.

Share
Published by
Genx

こちらからBinance取引所に登録すると、取引手数料の5%がキックバックされます。

こちら