レーベルに進化しました。

ハイパスフィルター

この記事は約2分で読めます。

ハイパスフィルターは、特定の周波数(カットオフ周波数)よりも低い周波数を減衰させ、それより高い周波数を通過させるフィルターです。

  • 名前の由来:高い周波数を「通過(パス)」させることから
  • 別名:ローカットフィルター(低い周波数を「カット」するため)

音楽制作での主な用途

1. 不要な低音の除去

2. ミックスのクリーンアップ

  • 各楽器のパートで不要な低音を取り除き、全体的な音の明瞭度を向上
  • ベースキックドラムなど、低音を担当する楽器とのバッティングを防止

3. 特殊効果の創出

  • フィルターのカットオフ周波数を時間とともに変化させ、音色の変化を演出
  • EDMなどのジャンルで、盛り上がりの演出に使用

ハイパスフィルターの設定

  1. カットオフ周波数:どの周波数から効果を適用するか
  2. スロープ(傾き):カットオフ周波数以下の周波数をどの程度急激に減衰させるか

注意点

  • 過度の使用は音の自然さを損なう可能性がある
  • 楽器の特性や曲の雰囲気に合わせて適切に設定することが重要

ハイパスフィルターは、適切に使用することで音楽制作の質を大きく向上させる強力なツールです。各楽器の特性や曲全体のバランスを考慮しながら、効果的に活用することが重要です。